MOFU'sアフィリエイト

*

auひかりの対応エリアと速度!選べるプロバイダは?

      2017/06/14

auひかりの対応エリアと速度!選べるプロバイダは?

auが選ばれている理由は、契約がシンプルだという事です。何故なら、auひかりはau one netと呼ばれるプロバイダを運営しているからです。

もちろん回線事業者を他社にすることも可能ですが、auひかりを利用するなら、他社のプロバイダを選ぶ方が面倒でしょう。

しかもauはスマートフォンなどの携帯事業をやっていますから、通信費用の請求を一つにまとめることも可能です。家計簿もこれなら楽ですよね。

【他社より断然安くなるauひかりサイト】

それに今では大手3社と呼ばれる通信事業者ですが、インターネットで最古参なのは2社だけです。

そういった意味では、auひかりは日本の通信会社の2大巨頭の一つであると言えるでしょう。それは、前述した通信事業者の歴史をみれば一目瞭然ですよね。

意外に有名な企業の割に、auがどういった会社なのかをご存じない方も多いようです。

auとは、元来携帯電話の普及と共に、その前身の自動車専用電話事業者からスタートしています。簡単に説明すれば、「電話会社」なんですね。

日本の固定電話のシェアはNTTの前身、国営に近い公共事業だった、日本電信電話公社1社独占でした。

今では固定電話網も自由化で、民間企業の多くがサービスを提供していますね。しかし1980年代までは、電話というのは1社独占事業だったのです。

これは通信回線として、電柱や電線を設営してきたのは、初めは国家事業だったためです。しかし、やがて通信網は世界に通じるように「国際線」を敷設する必要性が出てきました。

この役割を担ったのが、auの親会社である通信事業者KDDIです。前身は「第二電電」と呼ばれていました。事業発足時から固定電話事業は1社独占だったために、「電話」は携帯電話を主体として事業を行ってきたのです。

こういった経緯から、KDDIは通信回線と携帯電話を主体として発足、やがて携帯電話事業をauという子会社に引き継ぎました。

今はそれまでの固定電話回線を利用したADSLから、光回線事業FTTxという有線通信を手掛ける、携帯電話とインターネット全般を手掛ける、KDDIの大きな柱となる事業会社に成長しています。


auひかりの速度はどの程度?

auひかりの速度はどの程度?

実際のところ、光回線はADSLのような電気信号とは違うため、光回線同士では通信速度の差は限りなくゼロです。

しかし違いが出るのはプロバイダの接続事業者の拠点の数、つまり全国にある設備数と、光回線網の大きさと範囲によります。

インターネットというのは「クモの巣」の網目の様に、小さな接続を次々繋いでいくことで、どこかの回線が途絶えても次々に配線を変えていくことで、コンテンツのあるサーバーまでたどり着くことが出来るようになっています。

つまり、大きな通信事業者であればこの回線網は巨大ですし、加えて大手のプロバイダなら、それこそ全国にくまなく拠点が存在しているといって過言ではありません。

都心部ではもちろんですが、auは携帯電話で既に、全国に巨大な通信網を築いています。回線速度に関して心配する必要は無いでしょう。

またauひかりは、こうした回線網を今では自由化で他社に一部卸しているので、他社で「速い」といっても、結局auひかりの回線を利用しているかもしれませんね。

光回線とは、簡単に説明すると「電気信号に変わる方式」を採用した通信です。実際に「光」を細い透明な繊維の端から照射し、点滅することで通信を行います。

一般的な電線と異なるのは、電気通信の場合は金属に電気を通しますので、当然熱も発生し、金属には最初から電気抵抗があるため、高い電圧が必要になります。

しかしそれでは、家庭電話機では耐えられないため、各地に基地局を置いて、一定の電流と電圧に保っているのです。この電話線を利用していたのがADSLです。

しかしそれまで電話の普及率と同じ数の、インターネット利用者だけなら良かったのですが、軽単電話でのインターネットや、デジタル機器の開発で、至る所でデジタル・コンテンツの需要が高まっていったのです。

これでは電話回線だけではとても対応しきれません。そこで、大量のデータを一度に送信しても、負荷の低い通信方法として光ファイバーが開発され、それを利用したのが「光回線」です。

これは電話線と共有しないため、今ではインターネットといえば、この光回線を指すようになりました。そのひとつがauひかりです。

KDDIは、auが発足する前からインターネット事業を行っていました。それが現在au one netと呼ばれるプロバイダの前身、DIONです。

今でもパソコンのメールアドレス末尾に、dion.ne.jpといったドメインが使われていることがありますよね。auは同時にプロバイダ事業も手掛けています。

ADSLでさえ、まだまだ普及率が低い時代から、KDDIはインターネット事業者として、確固たる地位を確立していたのです。

auひかりの対応エリア

auひかりの対応エリアに関しては、au公式ページから「インターネット回線」、「光ファイバーauひかり」、「新規契約のお申込み・ご相談」から、「提供エリア情報」で確認できます。

実際に郵便番号入力でわかる通り、対応していないエリアは、全国でも現在殆どありません。auひかりに関しては、対応エリアの心配は無用といっても過言ではないですね。


auのプロバイダは?

プロバイダとは、インターネット契約をすると同時に、必ず契約するものだと多くの人は御存じでしょう。これは通信回線は大きく2つの回線があるため、それを繋ぐ「接続業者」と呼ばれています。

2つの回線とは一つは家庭と近所の電柱や地中に埋まった、一般の人が使っている回線です。水道でも家庭に繋がる細い水道管と、もっと大きな公共の水道本管があるように、通信回線にもこうした接続する線の違いがあるのです。

誰でも、勝手にマンホール下の公共の水道管に勝手にパイプを繋げて、水道を利用することはできませんよね。通信回線も全く同じなんです。

プロバイダはインターネットを実際に様々なデータが流れる、こうした「本管」と、一般家庭の回線を繋ぐ仕事をしています。もちろんそれは巨大な設備で自動で行いますが、回線事業者と契約していなければ事業は行えません。

従って、インターネット契約では、必ず「回線契約」と「プロバイダ契約」の2つが必要となるのです。

auひかりに関しては、プロバイダはau one netです。

名前の通り、auが運営する同じ社名をつかっていますよね。このau one netのプロバイダを選ぶ理由は一つあります。

それは「安心できる通信設備」を持っていることです。もちろん、場合によってその自宅から近い接続業者を選ぶ方が、一見、通信速度が速いように想像するかもしれません。

しかしそれは、そもそもインターネット回線の事を、あまりよくご存知でないからかもしれません。プロバイダは単なる回線同士を接続するだけです。

しかしその設備運営は、膨大なコストがかかります。それを支えるだけの資本のある事業者だけは、必ず設備のバックアップが確実に行われる必要があります。

プロバイダは、払う利用料だけで選ぶべきでしょうか?むしろ信頼できる確実な接続を提供できる、大手通信事会社が運営するau one netmなどのプロバイダを利用するべきです。

選べるプロバイダau one netと、信頼と確実な通信を約束するauひかりの最強タッグで、快適なデジタルライフを堪能したいものですよね。

【他社より断然安くなるauひかりサイト】

auひかりの料金は?キャンペーンやキャッシュバックもお得!

どんなメリットが?自宅ネット光回線『auひかり』の評判まとめ




工事不要でインターネット
モデムをコンセントに差すだけ!