MOFU'sアフィリエイト

コンバージョンを最大まで高めるキャッチコピーの作り方

      2015/09/01

コンバージョンを最大まで高めるキャッチコピーの作り方

コンバージョンの意味とは?

コンバージョンは、ネット上でしかあまり目にすることはありませんが、簡単に言えば販売商品の成約、最終的な成果のことを言います。

どんな使い方をするのかというと『商品のランディングページを読んだ人の5%がコンバージョンした。』とか『CVR 0.05』なんて使い方をします。

コンバージョンは主に、広告主が用意した広告(ランディングページ)から実際に商品が購入される成約率を示すものです。

しかし実際には、その広告主が用意したランディングページに、いかにその商品に対して興味があるユーザーを誘導するのかということもコンバージョンに大きく関係してきます。

アフィリエイターや広告主にとって、このコンバージョンをいかに高められるかによって売上が変わってくるのは言うまでもありません。


コンバージョン率を高めるためには?

コンバージョン率を高めるためには?

黙ってても売れるような、元々ブランド力のある商品ならともかくとして、ほとんどの商品は、最初は消費者にまったく知られていません。

ましてや、ネットショッピングにおいては現物を手に取ることもできません。

消費者視点からみると、手に取ったこともなければ使ったこともない。

そして、聞いたこともないような商品。

全く知られていない商品のコンバージョン率をあげるためにはどうしたらいいのか?

アフィリエイターにとっては課題となってきます。

例えば、誘導先の広告のコンバージョン率が同じとした場合、

  • 自分のブログのスペースに広告を貼ってみたところ、広告のクリック率が1%だった。
  • そこに自分なりの商品説明を付け加えてみたら、クリック率が3%になった。

たったこれだけのことで、商品の売上に3倍もの差が生まれます。

つまり、現にアフィリエイトで月に10万円を稼いでいたとしたら、コンバージョンを高めることによって月に30万円にもなり得ると言うことです。

もちろん限界はありますが、この差は大きいですよね。


アフィリエイトで稼ぐためには、アクセス数が多ければ多いほど良いのはもちろんのこと、それと同じぐらいコンバージョン率を高めるための工夫が必要です。

逆に言えば、せっかくアクセス数を増やしても、コンバージョン率が低ければ台無しです。

100人の訪問者のうち10人が購入した場合と、1000人の訪問者のうち10人が購入したのとでは、結果的に同じ売上となってしまいます。

そこで、コンバージョンを高めるために必要なのが、魅力的な文章。

ネット上の記事であれば、特にキャッチコピーが重要。

ネット上の記事は、読者のほとんどが流し読みして終わりというケースが多いため、最初から最後までしっかりと読んでもらえるとは限りません。

そんな環境下でも、記事の内容に注目してもらうためには、魅力あるキャッチコピーが必要なのです。

キャッチコピーとは?

キャッチコピーとは?

キャッチコピーとは、読んで字のごとく、読者・消費者の心をキャッチ(掴む)するためのコピー(文章)のことです。

このキャッチコピーによって、商品の売上が大きく変わるため、広告業界では最重要なものとして扱われています。

広告やアフィリエイトにおいて、『紹介する商品を、文章を通じていかに消費者とって魅力的な商品に感じてもらえるか。』ということがキーになるのです。

言い換えれば、キャッチコピーを通じて商品の価値を最大に高めることがアフィリエイトの成果に繋がります。

  • 商品を売り出す際に、消費者に気に留めて貰うために必要な魅力ある文章。
  • ブログでアクセスを集めるために、『読みたい』と思われる記事のタイトル。

キャッチコピーの工夫次第によって、これらの成果を倍増させることができます。

キャッチコピーを作る上でポイントになること

キャッチコピーを作る上でポイントになること

売りたい商品がどんな商品であったとしても、まず最初に考えるべきことはこちら。

どのような消費者に向けて売りたいのか?

『ターゲットを選定』することがキャッチコピーの作り方のポイントになります。

ターゲットなくして、商品を売ることはできません。

  • どういう商品なのか?
  • どういう人が使うのか?
  • どういう人におすすめなのか?

これを明確にする必要があります。

たとえ万人が使うような商品であっても、そんな商品ほど競合も多い。

その中から他社と比べて優位性のある特徴を前面に押し出す必要があります。

目に止まるような商品の特徴がない限り、売れる商品にはなりません。

その特徴というのは、機能性や効果もそうだし、場合によっては『どこよりも安い!』という価格帯でもいいわけなのです。

ただし『そんなのは他のメーカーでも同じじゃん?』というような特徴を挙げても意味がありません。

よくやりがちなのが、

  • 商品の機能の羅列。
  • あれもこれもに使えます。
  • 特徴が分かりづらい。

これではただの特徴の説明にしか過ぎません。

定めたターゲットに向けて、この商品を使うと

  • どういいのか?
  • 他社と比べてどこが優れているのか?

をイメージさせることができません。

『購入した後に、その商品を使うとどうなるのかをイメージできないもの』を購入することはありません。

キャッチコピーは簡単ではない。

キャッチコピーは簡単ではない。

キャッチコピーは、それを専門に仕事にしているプロのコピーライターがいるように、商品を売るために欠かせない文章です。

同じ商品でも、キャッチコピー次第では売上が何倍にも半分にもなってしまう。

とても奥が深く、非常に高いレベルを要求される仕事でもあります。

プロのコピーライターは、1商品に付き一本のキャッチコピーを作るのに、原稿用紙100枚ぐらいのラフ案を出すと聞いたことがあります。

広告をちょっとかじった程度のアフィリエイターが、サラっとできてしまうような仕事ではありません。


アフィリエイトでは、キャッチコピーを自分なりにアレンジすることが大切。

アフィリエイトでは、キャッチコピーを自分なりにアレンジすることが大切。

アフィリエイトは、商品の説明と共に、既にその商品のキャッチコピーも用意されています。

それを自分が設定したターゲットに向けて、アレンジすればいいのです。

例えば。記事タイトルのキーワード選定なんかもそうですよね。

自分が作った記事を、『どんな人に読んでもらいたいのか』、『誰に向けて発信しているのか』を明確にしてキーワードを選定します。

どんな商品であれ、消費者全てに興味を持ってもらうことは不可能です。

だからこそターゲットを絞ることが重要。

記事タイトルにしてもキャッチコピーにしても、誰に対してどのような内容を訴えたいのか、どんな人に興味を持ってもらいたいのかをしっかりと明確にすることが先決なのです。

『そもそもその商品に興味がない人』『購入する予定がない人』をターゲットにしていくら説得したところで、コンバージョンすることはありません。

商品の購入を検討している人にターゲットを定めれば、おのずとコンバージョンを大幅にアップさせることが可能です。

まとめ

  • ターゲットを明確にする。
  • 競合他社商品との優位性、どんな人におすすめなのかを明確にする。
  • できるだけシンプルに、見てすぐ分かるようにイメージさせる。

キャッチコピーを考える上で、以上のことを意識することで、大幅にコンバージョン率アップが期待出来ます。

こちらの本もとても参考になりますので参考にしてみて下さい。

現代広告の心理技術101

主な内容はこのようになっています。

  • 顧客を満足させる方法がさらにわかる。
  • より多くの人にモノを買いたいと思わせることができる。
  • 良質な製品をより多くの人々のもとに届けられる。
  • 人々の生活により多くの満足感をもたらす手助けができる。

工事不要で無制限!
モデムをコンセントに差すだけ!
自宅インターネット回線
『SoftBank Air』




ユーザー満足度第1位!
世界最速自宅インターネット回線
『NURO光』