MOFU'sアフィリエイト

ドコモ光の対応エリアと速度!選べるプロバイダは??

      2017/06/14

ドコモ光の対応エリアと速度!選べるプロバイダは??

その昔、日本の電話会社は1社のみでした。公法上の法人、つまり事実上の国営通信会社、日本電信電話公社がそれにあたります。

やがて事業を民営化し、サービスや国際標準に合わせるように民営化したのが、NTTです。このNTT自体も日本では、特別法による特殊会社で、国営に限りなく近いものです。

行政機関よりも効率的で相応しいという理由で、会社として運営しています。この電話回線網を「固定回線」とも呼んでいます。

一方で現在、一般家庭で普及率と共に主流なのは、携帯電話から進化したスマートフォンですよね。これは「移動通信媒体」とも呼ばれています。

この事業を行ってるのがNTTの子会社、NTTドコモです。それまでのNTTが持つ電話回線を利用したADSLから、光ファイバーを使った通信方法が開発され、普及に伴い「光回線」が今主流になって来ていますよね。

電気抵抗のロスが無い新しい光回線は、それまでの通信技術を飛躍的に向上させ、無線技術の応用である携帯電話、スマートフォンでも電波送信施設では活用されています。NTTドコモは、そうした光通信を日本全国に普及させた、最大手の企業の一つです。

速いドコモ光なら【GMOとくとくBBのドコモ光】

光回線って何が良いの?

光回線って何が良いの?

それまでの電線を使った送信に比べ、実際に光信号でデータを送るため、電気的な抵抗や回線の負荷の影響を受けないのが光通信の特徴です。

現在では、動画も高画質でテレビや様々な方式で、インターネットを通じてサービスを提供できるようになっています。

この実現には、短時間でより多くのデータを送信できる専用回線が必要なのです。光通信の特徴は、特にインターネットに特化していることです。情報はすべて「信号」で、モールス信号のように送ります。

そのため、膨大な情報を一度に多量に送るには、光通信は速度が従来の比では無いのです。大容量、高画質、加えてパソコンもそれに合わせて、高機能で安価になってきました。

利用者も多く、また高品質の映像や大量のデータの需要が高まり、光通信はこれからますます需要と重要性は高まっています。

他社の光回線と何が違うの?

他社の光回線と何が違うの?

今では通信回線の一部自由化で、それまでの通信回線はNTT1社、ほぼ独占状態でしたが、回線もまた卸売りで他社が自由に使えるように今はなっています。

しかし、全国に張り巡らされた基幹となる通信網は、やはり”元国営”であるNTT系列が最も膨大な通信回線を持っています。実際、NTT自体もフレッツ光という光回線を持っています。

他社の光回線とドコモ光が異なる点は、ドコモ光はそうした主幹となる光回線通信網をそのまま使っているということです。正確にはNTTドコモとNTTは別会社ですが、子会社ですのでその違いは大きくはありません。

従ってフレッツ光を使っている方で、スマートフォンなどでもインターネットを楽しんでいるなら、家のパソコンもドコモ光に乗り換えると非常に便利。

信頼性、データ送信の安定性、それと実績の意味においても高い技術はドコモ光は、他社の追従をこれからも許さないほどではないでしょうか。

それと余談ですが、ドコモ光の光ルーターは、「光ルーターセキュリティ」に申し込んでおけば、ルーター自体に自動更新機能付きのセキュリティソフトが同梱されますので、家中のパソコンを一挙に安全ンにインターネットが楽しめるようになります。


ドコモ光なら、乗り換えで割引

今までフレッツ光などのNTTの光回線を使用中なら、スマートフォン、携帯電話もドコモ光でインターネットを同じように利用する、その場合は乗り換えで割引になります。

それがドコモ光とスマートフォンを合わせた「セット割」です。スマートフォンシェアでもトップでもあるNTTドコモですから、利用者にとってお得ですよね。

しかもNTTドコモは、ドコモ利用年数に応じて自動的に割引となる「ずっとドコモ割」があります。それにスマートフォンもインターネットを使うパソコンも、どちらもサービス対応がNTTドコモ1社になるのでとても効率的です。

フレッツ光から乗り換えの場合は、「転用承諾番号」が必要となるので、書類を確認しましょう。

ドコモ光の対応エリア

ドコモ光の対応エリア

ドコモ光が、自分の地域に対応しているかは、NTTドコモ公式ページ、携帯とスマートフォンの対応エリアを確認したのと、ほぼ同じ対応エリアだと考えて差し支えありません。

何故なら、今ではスマートフォンでインターネットを見るのは、もはや当たり前になってますよね。

携帯電話でも日本最大手の一つで歴史も信頼も長いのが、NTTドコモです。実際インターネットが繋がらない地域の方がほとんどない状態となっています。

もちろん通信速度に関しては、選ぶプロバイダ、住んでいる地域と基地局までの距離が影響しますが、現在心配することは無いでしょう。

ドコモ光の速度

通信制限のないドコモ光は、通信速度に関してもあまり心配は要らないですね。最大1Gpsという光通信速度標準が期待できます。

これはNTTのフレッツ光の通信網と同じ品質だからですね。実際のところ、昔から他社が追従しているようなもので、これはドコモ光の強みでもあるでしょう。

プロバイダってどう選べばいい?

プロバイダってどう選べばいい?

日本に存在する、純粋なプロバイダは約10社ほどですが、NTT自体はプロバイダを直接は運営していません。しかしながらその実績は非常に長いために、多くのプロバイダはNTTに合わせて設備を増強してきました。

そのためフレッツ光ではプロバイダは各社自由に選ぶことが出来ます。既に今までフレッツ光をご利用なら、そのプロバイダをそのままドコモ光のプロバイダで利用することが出来るんです。

これは手間も省けて非常に楽ですよね。いちいちプロバイダを契約し直さなくても良いのです。他社で利用中のプロバイダも、多くはそのままドコモ光で利用できます。


ドコモ光についているプロバイダは無いの?

なぜドコモ光は、プロバイダとセットでは無いのか疑問に思うかもしれません。実は他社通信会社もNTTから通信回線を卸売りで買っているだけで、実際にはNTTの通信網を必ず利用しています。

そのため、プロバイダの多くはNTTに合わせてあるようなものです。ドコモ光を利用する限りは通信速度の心配も必要ありません。

それまでプロバイダ利用料金、インターネット通信回線利用料に加え、スマートフォン利用料金があるなら乗り換えるべきでしょう。

dカードGOLD会員なら、ドコモ光に乗り換えればポイントは10倍たまります。加えて、他社に比べて通信の安定性、信頼性は高い割に月額料金も安い点が、ドコモ光は嬉しいですね。

とにかくスマートフォンの利用プランと利用年数に応じて、トータルで割引を受けられるのがとにかく良いです。詳しくは是非NTTドコモの公式ページを見てみましょう。

選べるドコモ光のプロバイダ

選べるドコモ光のプロバイダ

何と言ってもドコモ光の良い点は、それまでのパソコンでのインターネット利用料金、プロバイダ料金、スマートフォンの利用料金などを、一括してまとめられることですよね。

プロバイダ料金は、ドコモ光月額料金込みとなっています。それにNTTドコモには「ドコモnet」という独自のプロバイダもあります。しかも提携しているプロバイダは、NTTフレッツの会社がそのまま対応しているんですね。

プロバイダ選びは、どうしても「月額利用料金」に目が行きがちです。しかしドコモ光は工事費無料(期間限定2017年5月17まで)、キャンペーンも豊富なんですよね。

しかも割引が、同じNTTドコモならスマートフォンと一体で適用されます。契約だけで、光Wi-Fiルーターも期間限定ですが、今なら契約でdポイント8,880も還元されます。

プロバイダ選びに苦慮しなくても、ドコモ光ならフレッツ光から丸ごと移行できるので、この機会に乗り換えを検討してはいかがでしょうか?

公式:GMOとくとくBBのドコモ光

 

ドコモ光の料金は?キャンペーンやキャッシュバックもお得!

自宅ネット回線『ドコモ光』の評判は?携帯電話と一緒に大幅な割引に!?


工事不要で無制限!
モデムをコンセントに差すだけ!
自宅インターネット回線
『SoftBank Air』




ユーザー満足度第1位!
世界最速自宅インターネット回線
『NURO光』