MOFU'sアフィリエイト

自宅ネット回線『ドコモ光』の評判は?携帯電話と一緒に大幅な割引に!?

      2017/06/14

自宅ネット回線『ドコモ光』の評判は?携帯電話と一緒に大幅な割引に!?

いまネットの口コミで評判の自宅インターネットサービス『ドコモ光』

ドコモ光というとNTTをイメージする方が多く、さらにはNTTの光回線と言えば『フレッツ光』なんじゃないかと思う方も少なくありません。

紛らわしいですが、実際はNTT『フレッツ光』とNTTドコモ『ドコモ光』は違うインターネットサービスです。

今回は、ドコモ光について、料金や通信速度などの評判や契約するメリットなどの全般情報をご紹介します。

公式:GMOとくとくBBのドコモ光

ドコモ光とは?

NTTといえば、かつては「日本電信電話公社」として国有から発展した特殊法人。日本全国の通信網を一手に担う、大きな電話回線通信会社でした。

民営化されてNTTとなってからは久しいですが、分社化され、今では「NTT」と名前がついても別会社となっている場合が多くあります。

「NTTドコモ」もやはりそうで、携帯電話の通信回線網を日本で幅広く行う、巨大な最大手移動体通信事業者となっています。この「移動体通信」こそ、無線を使った通信網、すなわち携帯電話専用電波を扱える事業者ということです。

日本では現在3社が独占しており、そのうちの1社で最大規模なのが『NTTドコモ』となります。

ドコモ光は、こうした日本全国に張り巡らされた携帯無線網を使った、新しい光回線と接続させる、NTTドコモが提供するインターネットサービスのことです。

簡単にまとめると、フレッツ光はNTT、ドコモ光はNTTドコモが提供しているサービスっていうだけです。笑

回線そのものはNTTフレッツ光を利用し、プロバイダはGMOとくとくBB。

じゃあ一体何が違うの?っていうことですが、結論から言えば、携帯電話がドコモなら自宅のネット回線もドコモ光にすると大幅な割引がありますよってことになります。最大で毎月5,700円の割引に。

ソフトバンク光auひかりと同様ですね。自宅のネット回線と携帯契約を同じ会社にすると利用料が割引され、さらには携帯料金も割引されるっていうアレです。

もちろん現在のネット環境からの転用も可能で、フレッツ光からなどであれば違約金も発生しません。


ドコモ光の料金は?

ドコモ光の料金は?

基本的な利用料金は、戸建てで毎月5,200円(税別)、マンション等の集合住宅なら4,000円(税別)です。

通常、無線通信では「パケット料金」が発生しますが、ドコモ光は常時インターネット接続ですので、定額となっています。

具体的に説明しますと、ドコモ光はNTT子会社であるNTTドコモが、「NTTフレッツ光回線」を借り受け、Wi-Fi通信(無線通信)を利用してインターネットを楽しめるサービスということです。

信頼できるNTTグループ企業のサービスですから、実績も安心感も違いますよね。やはり信頼性という意味での評判は良いと言えます。

ドコモ光の料金は?キャンペーンやキャッシュバックもお得!

ドコモ光の光回線とは?

ドコモ光は、実は回線業者ではありません。インターネットは衛星通信を除いては、多くは専用回線を使って通信を行います。

かつては電話線を使っていましたが、今は光ケーブルという、実際の光信号を使った高速通信回線が世界中に普及しています。

この回線網の一つを持っているのは、NTTで、そのブランドを「フレッツ」と呼んでいます。今は「フレッツ光」などの光回線を使った、光通信網を持つ回線事業者ですよね。

民営化されたとはいえ、NTTは依然として総務省管轄の特殊法人ですが、その子会社であるNTTドコモは特殊法人ではありません。

純粋な民間企業でありながら、今やNTTのグループ企業では、最も収益の高い携帯無線(移動体)通信企業の一つです。

ドコモ光とは、NTTドコモが、親会社であるNTT(フレッツ光)の回線を借りることで実現した、いわばスマートフォンでインターネットを見るとの同じシステムを、各家庭の住宅に適用したサービスという事になります。

ドコモ光の対応エリアは?

インターネットサービスとしても、NTTドコモの通信網とNTTフレッツ光の2つの信頼出来る通信ですから、通信エリアに関する不安はまず心配要りません。

NTTは通信エリアの広さやトラフィックの安定性に抜群の定評があります。

日本全国、NTTドコモの携帯やスマートフォンで通話が不可能な地域が無い様に、ドコモ光の通信網は巨大で実績も信頼もケタ違いです。

ただ、東日本と西日本では多少対応エリアの範囲は違う場合が多いので、具体的な確認にはNTTドコモとNTTフレッツの各エリアで確認した方が良いでしょう。

ドコモ光の対応エリアと速度!選べるプロバイダは??

ドコモ光のキャンペーン

今ならドコモ光とGMOとくとくBBの契約で、申込者全員に2017年5月7日までは、d POINTが1万ポイント付与されます。

条件は2017年11月7日までに開通を済ませること、ドコモ光の2年定期契約中であること、d POINT CLUB会員であることなどです。

d POINT CLUBとは、従来の「ドコモポイント」から刷新された、貯めたポイントを提携店舗で現金のように使うことが出来る、お得な会員という事です。

専用カードd POINTカードには、クレジット機能も付いたカードも提供され、非常にポイントを効率良く貯めることが出来ますから、入会しておくと便利ですね。

NT西日本限定なら、フレッツ・光プレミアム、Bフレッツから、ドコモ光に転用限定で4,000ポイントプレゼントになっています。こちらは2017年5月31日までです。

またドコモ携帯とセットで契約なら、トータル最大毎月5,700円割引の適用を受けるので、非常にお得ですね。

ドコモ光料金シミュレーター

ドコモ光の回線通信速度

ドコモ光の回線通信速度

インターネットの通信回線は、単に通信回線を提供する会社が高速通信ipv6に対応しているだけでは高速通信は実現しません。

これには、一般家庭内の機器、パソコンやスマートフォン、タブレットが最新であることと、通信会社から提供される通信機器、それにプロバイダそれぞれで接続速度が速くないとダメなのです。

ドコモ光は、一般家庭に提供する機器は「Wi-Fi」という無線装置を使っています。これは従来の有線のような、いわば”電線”では無いため、電波による通信です。

当然電気信号としては早く、しかも自宅屋内工事不要なので、ドコモ光の通信接続施設まで高速で通信を行えます。

しかもそこから先はNTTドコモが借りている親会社のNTTフレッツ回線網ですから、一度にアクセスが集中しても、巨大な通信網で空いている回線を利用して高速通信が実現します。口コミを見ても、NTTフレッツ光のトラフィックの安定感は抜群だと評判ですね。

更にはドコモ光はプロバイダにGMOという有名なインターネット事業者をプロバイダにしているので、更に国際通信網へのアクセスも非常に速いということになります。

ドコモ光の通信速度『1Gbps』って何?

Gbpsとは、「Giga Bits Per Second」の略ですが、一般的にはあまりよく知らない方も多いですよね。

これは1秒間にどれくらいの通信(パケット)を一度に送れるかを表す単位です。インターネットというのは、電気信号で通信を行うのですが、一定の大きさに通信を区切って流しています。

そのため、いってみれば”途切れ途切れ”の通信なんですが、それを1秒間に何度も行うことで、まるでずっと繋がっているように見えるんですね。

「通信が遅い」という場合、WEBページがなかなか表示されない事を指す場合が多いです。これは、この「途切れ途切れ」に送るパケットが、遅延しているために起こる現象なんですね。

今まではbpsと呼ばれる通信速度も「メガ」でしたが、それより膨大なデータを送れる「ギガ」による光通信が主流になりつつあります。

簡単に言えば、「通信速度は光回線を使う事でいっそう速くなった。」と覚えるだけで充分でしょう。

ドコモ光は、NTTフレッツ光の通信回線を利用しているので、1Gbpsを実現しています。

v6とはなにか?

これも一般的にはあまり理解されていませんが、難しい言葉を使えば、最新のインターネットプロトコルという事になります。

一般的にわかりやすく言うと、各種インターネットを扱える機器が高速通信に対応するに連れて、従来の通信方法では対応しきれないために開発された、新しい国際規格という事です。

「V6」とインターネットサービスで、言われるときは、ipv6の略ということです。今まではipv4というバージョンでしたが、新しく光回線に対応できるように変わりました。ドコモ光もipv6に対応しています。

IPv6対応!高性能無線Wi-Fiルーターが0円で使える!【GMOとくとくBBのドコモ光】

ドコモ光のWi-Fiルーター

ドコモ光のWi-Fiルーター

ドコモ光と契約すると、自宅には「Wi-Fiルーター」と呼ばれる機器がレンタルされます。Wi-Fiとは、日本語で表現すると「無線LAN」の総称です。

LANとはローカルネットワークという事で、ひとことで言えば「一般家庭向けの小規模通信」の事です。Wi-Fiはその技術を使って、屋外でも公衆用に契約すれば使える小規模通信を提供し、インターネットを楽しめるようになってきています。

ドコモ光のWi-Fiルーターとは、屋外に設置されたドコモ光の通信装置までを結ぶ専用機器ということです。ドコモ光の場合はこの専用機器自体がipv6対応の高速通信を実現しています。

高品質v6対応Wi-Fiルーターも、ドコモ光なら2種類から選べます。1つはインターネット専用機器メーカーで有名なIOデータ製機器。もう一つは可動式アンテナ搭載で自宅の至る所からルーターにアクセスできるBUFFALO社製のWi-Fiルーター。

これらの機器は正直どちらでも大して変わりませんし、どちらの評判も問題ありません。

なお、このレンタル機器の費用はドコモ光と「GMOとくとくBB」のプロバイダ契約なら、通常なら有料のところを月額0円、つまり無料で提供されます。

ドコモ光のプロバイダは?

ドコモ光のプロバイダは?

「プロバイダ」とはインターネット・サービス・プロバイダということで一般的には「接続業者」と言われます。ドコモ光と契約すると同時契約にある、GMOとくとくBBがそのプロバイダになります。

プロバイダとは、「インターネット専用回線」に接続する、通信回線の切り替え、交換を行う会社の事です。

現在では光回線が普及していますが、こうした高速通信網は国内だけではなく国際的にも普及が広がっています。

一般的にはわかりにくいこの「プロバイダ」ですが、インターネットを利用する時は、インターネットの専用回線を利用しなければなりません。

元々インターネット自体は軍事目的で開発され、限られた研究機関、国家の重要機密情報の情報交換用に使われた通信網でした。

しかし大変利便性が高く、離れた遠隔地からパソコンなどによって高速通信でアクセスできるため、一般にも開放されました。歴史は長く既に30年前にサービスは米国から始まりました。

このサービスには様々な国同士で専用設備を民間や国が設営する必要がありましたが、回線自体は共有することで、世界中の通信網を一つに繋げています。

この全世界が共有する巨大な通信網へ、日本国内ではGMOとくとくBBなどのプロバイダと契約することで、インターネットを利用することが出来るのです。

GMOとくとくBBについて

ドコモ光は、NTTフレッツ光回線を借りて、一般家庭にWi-Fi機器を使ったインターネットサービスを提供しています。

言ってみればNTTドコモが始めた、家庭向けインターネットサービスですが、プロバイダは既に説明したインターネット事業者として多くの実績を持つGMO提供の「GMOとくとくBB」を利用しています。

業界最安値に出来る理由もGMOが大企業であるからこそでもあります。

GMOについての補足

GMOとくとくBBの「GMO」については、インターネット事業者としては、既に世界的な日本企業として知られています。

元々は電話のテレフォンセンターから発足し、やがて世界初の非会員制インターネット接続業(プロバイダ)を1995年に始めています。

そしてGMOの名前を世界に最も知られたのが、「上位レジストラ」に選出されたことです。

レジストラとは、ドメインの登録・管理・振り分けをする機関で、世界中の国や地域、企業などの事業者や個人がデジタルインフラを構築する際に、IPアドレスを固定します。いわば「専用回線」を作って公式WEBページや、公式サイトを運営しています。

この時に使われるのが「.com」などの専用ドメインです。インターネットのホームページなどのアドレス末尾に良くありますが、「Google.com」などの様に、これは「商標」と同じように固有名詞として使われます。

つまり、世界で一つだけの”名前”になります。そのため、そうしたドメインを管理し、一般の人にもリースするには国際組織に登録できた企業に限られます。

この登録には、「セキュリティで強固であること」や、「通信障害があっても回避できるインフラを用意する」という厳しい条件をクリアする必要があります。

当然24時間、365日、専用設備はインフラとして稼働させていなければなりません。

また、何千億以上のアクセス集中でも耐えうる強固な設備を備えている必要があります。

GMOはそうした設備を管理できる、国際組織DNSルートレジストリICANN公認のレジストラなんですね。

そのGMOが運営しているプロバイダが「GMOとくとくBB」なんです。

さいごに

ドコモ光はNTTドコモが提供するインターネットサービスですので、契約にはNTTドコモと既に契約している必要があります。

スマホなどでNTTドコモと契約している方なら、自宅のネットをドコモ光に変えなきゃ損!と言えることは確かですね。

現在利用中のNTTフレッツ光などからの転用も途中解約金なしで簡単にできるようになっています。

肝心の回線速度や安定性は、実際に利用開始したユーザーからの評判も上々。

申し込みも簡単でスムーズに済ませることができます。

公式ページではドコモ光の月額料金やスマホ料金の割引がどれぐらいあるのかチェックできる「ドコモ光かんたん割引シミュレーター」が用意されています。

月々のスマホ代や自宅ネット料金の見直し・乗り換えを検討している人は、一度試してみるといいですよ。

公式:ドコモ光料金シミュレーター

 

どんなメリットが?自宅ネット光回線『auひかり』の評判まとめ

工事不要の自宅ネット回線『ソフトバンクエアー』の評判まとめ


工事不要でインターネット
モデムをコンセントに差すだけ!