MOFU'sアフィリエイト

ぼんやりしてない?パソコンやスマホによる目の疲れを解消してスッキリ!

      2016/03/30

ぼんやりしてない?パソコンやスマホによる目の疲れを解消してスッキリ!

薬や医者にいくほどではないけれど、目に関する「困った」をスッキリさせたいと思ったことはありませんか。

  • 目がしょぼしょぼする。
  • 目がごろごろする。
  • 夜の運転が不安に感じる。
  • ピントが合いにくくなってきた。

…などの目の困った症状には、様々な原因があります。

最近言われているのが、パソコンやスマホの影響です。

テレビと違ってどちらも目からの距離が近いため、目に与えるダメージも大きいです。

ブルーカットのメガネも販売されていますが、それはあくまで予防するためのものなので、使いこなせている人は少ないのではないでしょうか。

私もそうですが、眼鏡に慣れていないと毎回その都度かけるのはちょっと大変ですよね。

目が疲れると脳も疲れやすくなり、集中力が持たずに気分が悪くなったりします。

結果的にストレスも溜まりやすくなるという悪循環。

ここでは、目の疲れの症状やその原因、そしてそれを解消するための方法を紹介します。

長時間のパソコン仕事に【めなり】

40代以上の目の不快感

40代以上の方の目の健康について聞いてみると、たいていは、医者にかかるほどのものではないが「若いときから比べると明らかに目の不調が感じられる」という方がほとんどではないでしょうか。

たとえば、

  • 目の疲れがとれにくい。
  • 奥のほうが重い感じがして不快感を感じる。
  • 近くを見る時にぼやけて見えにくい。
  • しょぼしょぼする感じがする。
  • ひどい時は痛い感じがする。
  • 何だかぼんやりしてすっきりしない。

・・・などの症状に悩まされていませんか?

これらは何が原因かというと、デジタル家電の光のダメージによるものであることがわかってきています。

たとえば、パソコン、スマホ、テレビ、紫外線といった画面をずっと長時間見つづけることによる、光ダメージなのです。

特に、パソコンやスマートフォンから出ているブルーライトは意外に強い影響を与えます。

ブルーライトの影響とは?

ブルーライトの影響とは?

ブルーライトというのは、昨今、よく聞かれるようになりましたが、LEDディスプレイやLED照明にふくまれる青い色の光のことです。

可視光線、つまり人の目で見られる光線のなかでも、かなり強いエネルギーをもつため、ダメージが顕著なのです。

デスクワークでパソコンを長時間見る人、スマホを良く利用する人の場合、次第に悪影響を受けていることになります。

とは言っても、なかなか気付かないものでもあります。

目の健康にはブルーベリーだけでは不足

目の健康にはブルーベリーだけでは不足

そんな現代人の目の健康には、よく「目に良いといわれるブルーベリー」がありますが、それだけでは不足していることがわかってきました。

なぜなら、人工的な光ダメージから守るためには、防ぐ効力が期待できるアントシアニンと、守る効力が期待できるルテイン・ゼアキサンチンという混合された成分が必要なのです。

めなりとは?

めなりとは?

そこで、目の疲れからくる違和感を解消できる「めなり」という評判のサプリメントがありますのでここで紹介します。

まず、めなりに配合されている成分についてですが、特許を取得した業界トップクラスのビルベリー70mg、ルテイン12mg、ゼアキサンチン2.4gを配合しています。

ほかに有効な成分として、アスタキサンチン、クロセチン、ベータカロテン、ビタミン群、ミネラルを含有しています。

注目すべきは、ビルベリー。

ビルベリーの何が疲れ目に効くの?

ではなぜ、ビルベリーがいいのでしょうか。

しかも、北欧産のビルベリーは、普通のビルベリーよりもなぜ健康効果が高いのでしょうか。

それは、一般的なビルベリーにくらべて北欧産のビルベリーは、中までしっかりと色濃く成分が行き渡っているからです。

つまり、ビルベリー特有のアントシアニンの含有量が一般的なビルベリーに比較しても、5倍の違いがあるのです。

ただ「ビルベリー配合」と書いてあり宣伝していても、どの程度の効果があるビルベリーを原材料に使用しているのかを、確認しなければなりません。

その証拠に「めなり」は、業界トップクラスのアントシアニンの含有量が170ミリグラムとなっています。

同じアントシアニンでも吸収率で差がつく!

一般的に市販されている目に良いとされるアントシアニンが含有されているサプリメントを毎日せっせととっていても、いまいち効果がはっきりわからない・・・ということはありませんか?

それは、もしかするとアントシアニンの吸収率に差があるのかもしれません。

「めなり」に含有されているアントシアニンの吸収率は、通常のビルベリーに含有されているアントシアニンに比較すると、203%アップの特許取得済みビルベリーなのです。

もともと、ビルベリーに含有されるアントシアニンというのは、人間の体内には吸収されにくい特徴をもつ栄養素でした。

それを、特許取得したビルベリーの場合には、通常のビルベリーに比べて、約2倍の吸収率を実現することができたのです。

「めなり」に採用されているこの特許取得済みのビルベリーの場合、ルテインを一緒に摂取することにより、ルテインの吸収率をも高めてくれるのです。

さらには、特許取得済みのビルベリーは体内に摂取したあとの濃度が高めで持続するという特徴があります。

一般的なビルベリーからつくられたアントシアニンの場合には、その濃度は、摂取後5時間後には6分の1にまで下がってしまいます。

その点、特許取得済みのビルベリーからつくられたアントシアニンの濃度は、5時間たっても3分の1が減るのみにおさえられています。

6分の1と3分の1では、2倍も違ってくることになりますので、どんな原材料からつくられているか、どんな特徴をもった目のサプリメントなのかをよく調べてから購入されることをおすすめします。

まとめ

高齢化社会になって久しい日本では、中高年の方向けのサプリメント商品が多種多様に販売されています。

そのなかでも、老化は目に出やすく、しかも視力は生活するうえで特に大切なものとなりますので、目のサプリメントを常用している方は多いと思います。

そんななか、サプリメントの選び方にも次第にこだわりを持つことによって、同じ価格のサプリメントでも効果の度合いがかなり違ってくるということにもなります。

結局、長い年月で見たら、少し値段が高めでも、良いサプリメントを摂取することで、医療費がおさえられたり、手術をまぬかれたりということも可能性として大いにあります。

サプリメントをじっくり選ぶのは、結果的にお得になるということも考えにいれておきましょう。

今回紹介した「めなり」には、パソコンやスマホを駆使する現代人の目に欠かせない栄養素が豊富に含まれています。

目の疲れや違和感を感じている人は、ぜひ一度試してみることをおすすめします。

ぼんやりとした目の疲れがスッキリ解消することでしょう。

ぼんやりにお困りの方におすすめ【めなり】


工事不要で無制限!
モデムをコンセントに差すだけ!
自宅インターネット回線
『SoftBank Air』




ユーザー満足度第1位!
世界最速自宅インターネット回線
『NURO光』