MOFU'sアフィリエイト

*

『金融』の基礎知識。資産運用をするならこれだけは知っておこう!

   

『金融』の基礎知識。資産運用をするならこれだけは知っておこう!

「金融」と言う言葉は、我々が日常生活の中で頻繁に耳にするフレーズの1つです。特に、投資を行っている方はよく見聞きしているはずです。

しかし、金融と言う言葉は我々にとって身近なものであるにもかかわらず、その意味を正確に理解している方はあまり多くありません。

金融とは一体どのようなものなのでしょうか?

そこで、以下では金融とは一体何なのか、また経済においてどのような役割を果たしているのかと言った点について紹介していきたいと思います。


金融とは何か

金融とは、そもそも「金銭を融通する」と言う言葉の略語で、文字通りお金が必要な人に金銭の融通を行うことを指しています。

そして、経済においては余剰の資金を抱えている人間(個人または集団)が資金の不足している人間に資金を融通することを「金融」と呼んでいます。

もう少し具体的に説明してみましょう。

通常、我々はすぐに使う予定の無いお金を銀行に預けます。そして銀行は、こうして預けられたお金(預金)を自動車ローンや住宅ローンといった形で、資金の必要な人間に貸し付けます。

つまり、預金者の余剰資金が銀行を通じて、資金が不足している人間に融通されているということになるわけです。私達が銀行にお金を預けるということはすなわち、誰かにお金を貸しているということにもなるのです。

ですから、我々はつい「金融と言うのは専門家だけが行っているもの」と考えてしまいがちですが、実際には多くの人間が間接的に金融に関わっているのです。

また、「直接金融」「間接金融」の二つに大別することができます。大まかに言うと、証券会社を介して行われる金融を直接金融、銀行を介して行われる金融を間接金融という風に分類することができます。

直接金融とは

直接金融とは

直接金融とは、余剰資金を抱えている者が資金を調達したい者に対して直接的に金銭を融通する金融のことです。

直接金融において取引される金融商品は「株式」「社債」に大別することができます。

株式の場合は、企業が経営権を株式と言う有価証券にして、これを投資家に買ってもらうことで企業が投資家から直接的に資金を融通してもらうことができます。

社債の場合もこれと同様で、企業が債券を発行して、これを投資家に買ってもらうことで企業は直接的に資金の調達を行うことができます。

従って、直接金融においては資金の出し手(投資家)と受け手(企業など)が直接に関わり合って金銭を融通するということになります。

もっとも、両者のマッチングを行うために証券会社が仲介に入りますが、取引を行うのはあくまでも当事者同士です。

直接金融には以下の様なメリットとデメリットがあります。

まずはメリットを挙げてみます。「銀行預金よりも平均的な利回りが高い」「収益性が高い」「投資先を自分で選べるため、自分の好きな企業を応援することができる」

次にデメリットです。「リスクは投資家自身が負担する」「大きな損失が発生する可能性がある」このようなメリットとデメリットがあります。


証券会社の役割

直接金融においては資金の出し手と受け手の間に仲介として証券会社が入ります。そして、投資家に対して売買について助言を行ったり投資情報を提供したりします。

また企業に対しては、株式や債券の発行について助言を行ったり、補助を行ったりします。

もう少し具体的に説明すると、証券会社は以下の3つの業務を行っています。

委託売買業務

委託売買業務とは証券売買の仲介のことで、ブローカー業務とも呼ばれています。株式や債券を売買するためにはまず市場に流通させなければなりません。

そしてその上で、こうした有価証券を投資家に買って貰わなければ企業は資金を調達することはできません。そこで、市場を通じてこの発行者(企業など)と投資家の仲介を行っているのが証券会社なのです。

ですから、証券会社が委託売買業務(証券売買の仲介)を行わなければ、市場を通じた証券の取引は行えなくなるということなのです。

引受・募集・売り出し業務

次に、引受・募集・売り出し業務についてですが、これは、新規に株式や債券を発行したい企業からこれらの有価証券を一時的に引き受け、これらの買い手となる投資家を募集し、実際に販売する(売り出す)という一連の業務のことです。

主に、株式の公募増資や新株または債券の発行時などに行われています。この方法で株式や債券が発行された場合、投資家は企業ではなく証券会社からこうした証券を購入するという形になります。

自己売買業務

そして、自己売買業務は、その名の通り、証券会社自らが市場参加者の一員として株式や債券の売買を行う業務のことを指します。

間接金融とは

間接金融とは

間接金融とは、資金を求めている者(企業など)と資金を提供する者(投資家)との間に銀行が仲介して行われる金融のことを言います。

直接金融においては証券会社が仲介に入ると書きましたが、間接金融においては銀行が資金の出し手と受け手の間に入ります。

間接金融のシステム

間接金融においては、銀行が仲介を行って資金の出し手と受け手を結び付けています。

では、具体的な流れを説明してみましょう。

まず、銀行は余剰な資金(当面使う予定の無いお金)を預金者から預かります。そして、この預金の中から銀行は資金を必要としている企業または個人に貸し出しを行い、借り手(債務者)に対しては元金と利息の支払いを課し、貸し手(債権者)に対しては元本の保証と利息の配分を行います。

これが、間接金融の仕組みです。ここでおそらく、「それなら直接金融と同じなのでは?」と思われる方がいらっしゃると思います。ですが、決して同じではありません。

何故なら、直接金融において株式や債券に証券会社を介して投資し、投資先の会社が債務不履行(デフォルト)に陥った場合、損失は全て投資家が被ることとなります。

しかし、間接金融において銀行に預金をし、銀行が貸し出しを行っていた会社が倒産したとしても、それによって発生した損失は全て貸し出しを行っていた銀行が負担するため、預金者の資産が目減りするということにはならないのです。

つまり、間接金融には大きなリスクが存在しないということなのです。銀行が破綻するというリスクもありますが、その場合にも預金保険制度によって預金の全額または一部が保証されます。

しかしこうした側面の一方で、銀行が間に立って仲介を行うため、手数料(中間マージン)が発生するという点も忘れてはいけません。

預金金利自体も低い上に手数料も発生するため、投資家(預金者)の取り分は非常に小さなものになってしまうのです。


間接金融のメリットとデメリット

ここまでに紹介したことを踏まえて間接金融のメリットとデメリットを整理するとこのようになります。

まずはメリットからです。「収益が安定している」「投資に伴うリスクを銀行が負担してくれるため、安全性が高い」「元本が保証される」

次にデメリットです。「収益が安定している半面、定期預金を除くとその額は小さい」というメリットとデメリットがあります。

まとめ

私達の住んでいる日本では、敗戦後の戦後復興期において間接金融が非常に大きな役割を果たしました。

政府が間接金融を通じて集中投資を行い、高度経済成長を成し遂げたのです。

しかしながら、1990年代の前半にバブル経済が終焉を迎えてからは、企業同士が互いに株式を保有し合って安定株主となる株式の持ち合いの仕組みが崩壊したため、これに伴って間接金融の役割は縮小されて行き、これに代わって直接金融がその役割を拡大して行ったのです。

資産運用にはリスクが発生します。これから資産運用を考えている人は、一通りの金融リテラシーを身につけておきましょう。

株式の他にも投資先は色々ある!資産を増やすための運用方法

投資の基本「リターン」と「リスク」について初心者が知っておきたいこととは?

投資とギャンブルは何が違う?初心者が資産運用で気を付けること


最強の自宅ネット環境!
圧倒的な安さ!!
Wi-Fiもセキュリティも全部込み
世界最速インターネットNURO光

NURO 光【公式サイト】 nuro


  関連記事

初心者向け!資産運用の基礎『不動産投資』と『FX』について知っておこう!
初心者向け!資産運用の種類『不動産投資』と『FX』について知っておこう!

株式投資を始め資産運用にも色々ありますが、ここでは不動産投資の種類とFXについて、初心者向けに基礎的なことを簡単に紹介しています。

投資の基本「リターン」と「リスク」について初心者が知っておきたいこととは?
投資の基本「リターン」と「リスク」について初心者が知っておきたいこととは?

資産運用として投資をする上では、リターンとリスクについて知っておく必要があります。リターンを得るためにどんなリスクがあるのかを把握しておきましょう。

人生のリスクを回避する身近な金融商品「保険」の基礎知識を知っておこう!
人生のリスクを回避する身近な金融商品「保険」の基礎知識を知っておこう!

私たちは日常生活を送る上で様々なリスクを抱えています。そんなリスクを回避する身近な金融商品「保険」について基礎知識を知っておきましょう。

投資とギャンブルは何が違う?初心者が資産運用で気を付けること
投資とギャンブルは何が違う?初心者が資産運用で気を付けること

これから資産運用を考えている初心者の方は、まずは資産運用とは何か、投資とギャンブルの違い、そして投資と投機の違いを把握しておきましょう。

投資初心者が知っておくべき重要ワード「レバレッジ」の正しい意味とは?
投資初心者が知っておくべき重要ワード「レバレッジ」の正しい意味とは?

投資を始める上で知っておくべき重要なワードとして「レバレッジ」があります。レバレッジを効かせるとはどういうことか?リターンとリスクについても把握しておきましょう。

株式の他にも投資先は色々ある!資産を増やすための運用方法
株式の他にも投資先は色々ある!資産を増やすための運用方法

資産を増やすための運用方法として株式投資以外にも色んな投資先があります。ここでは株式投資、投資信託、先物取引について紹介しています。