MOFU'sアフィリエイト

*

寄付するとお礼が貰える!ふるさと納税の仕組みとは?

   

寄付するとお礼が貰える!ふるさと納税の仕組みとは?

最近流行りのふるさと納税。

納税といっても、税金が取られるとかではありません。納税することでメリットがあるということで、特に高所得者に人気があります。

これは実質的には税金ではなく、自治体への寄付金です。

ふるさと納税は、自治体間での税収の不均衡を是正するために2008年に創設された新しい税制です。これにより過疎地域の税収アップを図ろうとしています。

東京や大阪などの財源を地方に分散するといった形で、寄付といってもただで寄付する訳ではありません。

本来であればそれは寄付ではないのですが、そこがふるさと納税の特徴です。そこには寄付を促すために、以下のようないろいろなメリットがあります。




お礼の品がもらえます

お礼の品がもらえます

ふるさと納税の最大のメリットはこの「お礼」です。

納税した自治体によってお礼の品は違いますから、欲しいものがあればその自治体に納税すれば良いという仕組みです。

具体的には、地域ならではの特産品が主流になっています。

都会では高価でなかなか買えない蟹等の海産物や果物等がもらえることもありますので、探してみるのも面白いです。

簡単に言えば、お取り寄せグルメといった感じでしょうか。

また、自治体地域内のホテル宿泊券や施設の利用券等がもらえることもありますので、旅行にいく際にも自腹を切るよりも得することがあります。

納税先はどこでもかまわない

納税先はどこでもかまわない

かってお世話になった出身地の自治体に、お礼の意味を込めて納税するのも良いでしょう。

でもふるさと納税だからといっても、納税先は自分の出身地でなくてもかまいません。

自分には縁もゆかりもない自治体でもかまわないのです。

だからこそ、単にお礼の品の良い地域を選んで納税することもできるのです。

現に、ほとんどの人がお礼の商品で気に入ったところに納税しているのが現状となっています。

なお、複数の自治体「ふるさと」に寄付することもできます。

  • 「旅行で行った思い出の地の自然保護に使ってほしい」
  • 「年老いた祖母がお世話になっている市の介護事業のために使ってほしい」

このような気持ちのある人は、それぞれの自治体を指定して寄付ができます。

例えば、東京出身でそのまま東京で働いている人にはふるさと納税は関係ないというわけではありません。




使用目的を指定できます

税金というのは、どんな使い方をされているのか分からないものです。

これが分からないばかりに、税金は払いたくないという人も多いのではないでしょうか。

しかし、ふるさと納税ではほぼ全ての自治体でその指定ができます。

それも、より具体的な内容にまで踏み込めます。

例えば、

  • 「震災復興のための住宅地の整備」
  • 「地域の歴史遺産を守っている博物館の維持管理」
  • 「自然環境を身近に感じさせるための公園造り」

このように、自由に指定することができます。

これなら、税金でも払い甲斐がありますよね。

自治体の政策に直接関わっているという満足度の高い税金となります。

税金が控除されます

ふるさと納税をすれば、一定の住民税の税額控除が受けられます。

ただし、その人の年収や家族の状況によって控除税額は違い、高所得者ほど控除されるメリットが大きいのが現状です。

なお、確定申告が面倒等のデメリットをなくすべく、2015年4月1日から制度が変更されて簡略化されています。

主な変更点は以下の通りです。

  • 住民税のおよそ1割くらいだった控除税額がおよそ2割くらいになりました。
  • 確定申告が不要な給与所得者等については、寄附金税額控除に係る申告特例申請書を寄付別に寄付自治体に送付するだけの手続きとなりました。

ただ、条件により金額に違いがあったりしますので、詳しいことは確認してみましょう。

条件次第では、寄付した額の9割程度も税額控除されることもあるようです。

控除を踏まえると、実質2000円程度でお取り寄せグルメができるのが人気の秘訣なのです。




自治体側のメリット

自治体側のメリット

自治体としては寄付をしてもらったといっても、お礼をするほどのメリットはあるのでしょうか?

それはお礼の仕方次第で、自治体の宣伝効果があるものとして捉えられています。

地域の産業を全国民にアピールできる絶好の機会になっているのです。

ふるさと納税により、これまで知らなかった地域の産物を知ってもらい、手にしてもらったり味わってもらったりしてもらえるということですね。

地域ならではの魅力の発信の新たな場になっていて、これは広告効果が非常大きいと言えます。

こうしてとにかく一度知ってもらうことにより、次は旅行などで自費で購入しようという人にも期待しているのです。

ふるさと納税は、地域の産業振興に役立つものという位置付けですね。

まとめ

ふるさと納税は、聞いたことはあるけど「役所のすることは手続きが面倒くさそうだ」とか思われがちです。

ふるさとの自治体に今更税金を払う気にもなれない人もいるでしょう。

普通の税金にはないメリットはあるのも知っているけど、どれくらいのメリットなのか良く分かっていない人もいます。

わざわざお礼のために、知らない自治体に税金を納めるほどの筋合いもないという人もいます。

でも、お礼の品を選んで自治体を選ぶのも案外楽しいものではないでしょうか。

お礼の品も、自治体の競争になっていて、どんどん豪華になっています。

税金の使用目的を指定したお金を出すというのも、ちょっと上から目線で自治体が見えるようになります。

自治体のちょっとしたスポンサーにでもなったかのような気分も味わえるでしょう。

地域に貢献したという満足感も得られるはずですので、ぜひ一度ぐらいは試してみてはいかがでしょうか。

金額的に実質的な負担は2000円ほどですので、お礼の品を考慮すればむしろメリットの方が大きいです。




工事不要でインターネット
モデムをコンセントに差すだけ!