MOFU'sアフィリエイト

*

グーグルアドセンス広告でクリック率と単価を上げる方法

      2015/09/01

グーグルアドセンス広告でクリック率と単価を上げる方法

グーグルアドセンスについてあまり触れてきませんでしたが、色々とわかったことがあるので、この辺で一度まとめてみたいと思います。

多くのアフィリエイターが、ネットで最初に報酬を得たのがグーグルアドセンスだと思います。

これですね。


僕も利用していて、売りやすい商品を見つけたらアドセンス広告は全て外したいなとは思っていますが、なかなかそうもいきません。

というのも、アドセンス広告は報酬が悪くないからです。

特別売りやすい商品がない限り、やり方によってはサイトへの集客に対して十分見合う報酬をあげることができるからです。

つまり、グーグルアドセンスはそれぐらい綿密に広告の費用対効果が計算されて提供されているというわけですね。

クリック率から報酬単価まで、本当に絶妙な広告配信システムになっていると思います。

初心者が稼ぎやすいのがグーグルアドセンス広告。その仕組みは?

初心者が稼ぎやすいのがグーグルアドセンス広告。その仕組みは?

アフィリエイトにも様々な手法がありますが、初心者が一番最初に収益を上げやすいのがグーグルアドセンスです。

グーグルアドセンスとは、グーグルがサイトやブログ運営者に対して提供している、広告配信システムのことを指します。

グーグルから提供されているアドセンスコードをページに配置するだけで、そのページに最も適した広告を自動的に配信してくれるので、運営者は難しいことをしなくても報酬が発生します。

アフィリエイトで、自サイトにおいて特定の商品を販売するのはとても難しいです。

でも、ページビュー(PV)に応じて一定のクリック率があるアドセンス広告で収益を得ることはそれほど難しくはありません。

それは、アドセンスがクリックされやすい広告を配信するシステムになっているからです。

結論から言うと、1日に1000PV集めることができれば1カ月の報酬を1万円以上にすることは簡単です。

これはあくまで目安ですが、このように考えると月に数万円を稼ぐことは決して難しいことではないことがわかりますよね。

しかし、もし特定の商品を選んで1カ月間広告を掲載しても、1件も売れない可能性があります。

もちろん、サイトのジャンルやターゲット選定を上手くできれば、アドセンス広告以上の報酬をあげることも可能です。

しかし、初心者にとってそれはハードルが高めとなります。


アフィリエイト広告とアドセンス広告の報酬の違い

アフィリエイト広告とアドセンス広告の報酬の違い

アフィリエイト報酬が1件あたり2,000円だとして、その商品が売れるために必要なアクセス数は逆算することで明確にすることができます。

まず、アフィリエイト広告のクリック率が1%であれば、1万PVで100クリック。

その100人から、商品を購入する人がさらに1%だとしたら成約は1件。

これをさらに細分化していくと、1PVあたりの広告報酬単価を計算することができます。

この場合であれば、1万PVあたりの売上が2,000円という計算になります。

これをPV数で割ると、1PVあたり0.2円という売上が発生していることが分かります。

現状としては、アドセンス広告を1ページに3つ掲載した場合のクリック率が約1%。

なかには、2%や3%を叩きだしているというアフィリエイターもいるそうですが、僕は自分なりに工夫してもせいぜい1.2%程度にしかなりませんでした。

もし2%とか3%にできたら、単純に報酬が2倍3倍になります。

話戻りますが、仮にこの1%で計算すると、1万PVあたり100クリック。

ワンクリックの広告単価が仮に30円だとすると、100クリック×30円=3,000円。

このようにしてみると、グーグルアドセンスの単価が30円程度あれば、アフィリエイトの報酬と比べて決して悪い報酬ではないことが分かります。

CPC、ページRPMとは?

CPCはクリック率のことを指しますが、それに対してページRPMというのは、1000PVあたりの報酬を示しています。

例えば、1万PVあたり3,000円の報酬だったら、ページRPM(1000PV)は300円となります。

アドセンス広告では広告を3つ配置して200円~500円ぐらいが相場と言われていますが、サイトのジャンルによっても大きく変化します。

サイトのジャンルや広告の配置を工夫して、このRPMを最大化させることがアドセンスの収益を最大化させるということに繋がります。

アドセンス広告の単価が高いものは?

アドセンス広告の単価が高いものは?

アドセンス広告の1クリックあたりの報酬が高いジャンルは以下になります。

  • 消費者金融
  • クレジットカード
  • カードローン
  • 不動産
  • 人材・転職
  • 保険

このように、お金が絡む業界の広告は単価が非常に高いです。

ジャンル全体の平均広告単価は20円~30円程度。

このようなジャンルでは単価が数百円~数千円になるものさえあります。

ワンクリック1,000円とか凄いですよね。

しかし、その分興味を持つ人が少なくてクリック率が低かったり、競合サイトが多くて検索エンジンに上位表示できなかったりします。

それなので、広告単価が高いものが必ずしも良いとも言えません。

これから高単価のアフィリエイトや広告収入を獲得したいと考えている人は、ジャンルを上記のような『お金が絡むもの』にしていくといいと思います。

記事の内容を深く掘り下げることができれば、アドセンス広告よりもアフィリエイト報酬の方が遙かに報酬が高くなるとも言えます。

アドセンス広告の配置とバナーサイズを決めるポイント。

アドセンス広告の配置とバナーサイズを決めるポイント。

アドセンス広告の平均クリック率は、1ページあたり約1%と言われています。

アドセンス広告は1ページあたりに3つまで掲載が可能とされているため、広告ひとつひとつにすると約0.3%~0.4%のクリック率。

3つ掲載して平均1%のクリック率となります。

ポイントは、このクリック率は広告の配置やバナーサイズによって大きく変わるということです。

1ページあたり3つのアドセンス広告をいかに効果的に配置するかによって、報酬が変わります。

  • ページ上部ほど報酬単価が高い。
  • ページ上部ほどクリック率が高い。
  • 記事終わりの広告もクリック率がやや高い。
  • バナーサイズは大きいほど報酬単価が高い。
  • 広告の種類は画像とテキスト両方にした方が単価が高くなる。
  • スマホページはレクタングル大(336×280)の単価が一番高い。

アドセンスコードを取得する際に、グーグルが推奨しているチェックの入った広告を選ぶようにすることが最も収益が最適化されます。

グーグルも広告事業で収益をあげているため、サイト運営者にも良心的なアドバイスがされています。

グーグルの推奨している指示に従うのが一番賢い方法になります。


アドセンス規約違反に注意する。

広告の配置として、ページ上部ほど報酬単価もクリック率が高いため、その位置(タイトル下)に掲載したくなりますよね。

しかし、その広告によってコンテンツ(記事本文)が見えない、つまり下部に追いやられる位置になってしまうと、アドセンスの規約違反となってしまいます。

規約違反となってしまうと、アカウントの停止、検索順位を下げられるなどのペナルティの措置が行われてしまいます。

これは、長い目でサイト運営していくなら絶対に避けるべきです。

あくまで本文を先に表示させ、その途中あたりから広告を配置するようにしましょう。

自己クリック、不正クリックはムダなので絶対にやめましょう。

自己クリック、不正クリックはムダなので絶対にやめましょう。

初心者にありがちですが、

『自分で広告クリックしちゃおう!』

と、自分で広告をクリックして報酬を得たくなる気持ちはわかります。

残念ながら、グーグルにはすべてバレてしまいます。

一時的にクリック報酬が発生したとしても、IPアドレスやクッキーから自己クリックであることはすぐにバレます。

自己クリックと判断された報酬は、カウントされません。

一時的にされても、後ほど自動的に消失するようになっています。

『スマホからクリックしちゃえばバレないじゃん?』

これもありがちですが、ハッキリ言ってムダです。

アドセンスにはスマートプライシングという、広告主を不正クリックや効果のないクリックから保護するための機能があります。

どういうものかというと、サイト運営者が訪問者に対して誤クリックさせたり、友人などに頼んでクリックさせた場合があったとします。

誘導先のページから商品が売れないことが続いた場合、クリック単価を下げるという機能です。

コンバージョンしないクリック、つまり効果のない広告に対しては報酬も支払われないというしくみなのです。

不正クリックは全く意味がありませんので、絶対にやめましょう。

不正の履歴はグーグルに残ってしまいます。

悪質であると判断された場合、やはり最悪はアカウントの停止措置がされますので注意しましょう。

ストックしていた報酬が支払われないこともあるようです。

アドセンス広告で稼ぎやすいのはトレンドブログ

グーグルアドセンスを利用して稼ぎやすいのは、トレンドブログと言われています。

トレンドブログは、ニュースや芸能速報などのホットな話題を記事にすることで大量にアクセスを集め、グーグルアドセンスの広告がクリックされて収益が発生するというものです。

しかし、記事の寿命が短く、話題性が無くなればアクセスがなくなってしまうというデメリットもあります。

収益を上げ続けるためには、常に最新記事を更新していく必要があります。

トレンドブログはニュースと同じで、新鮮さとスピードが命。

副業として手っ取り早くネットで稼ぎたいと考えているのであれば、最初はトレンドブログから始めてみるのもいいかもしれません。

その上で、アドセンス広告の実践も兼ねて行うと効率的です。


最強の自宅ネット環境!
圧倒的な安さ!!
Wi-Fiもセキュリティも全部込み
世界最速インターネットNURO光

NURO 光【公式サイト】 nuro


  関連記事

tumblr_ndyfam8NUh1tubinno1_1280
アフィリエイトの始め方。パワーブログかペラサイト量産か?

アフィリエイトの始め方を解説しています。パワーブログかペラサイト量産なのか、取り組む方向性を先に決めましょう。

tumblr_ndyfam8NUh1tubinno1_1280
SEO対策におけるGoogleペナルティ発動のタイミング

過剰なSEO対策とみなされて発動されるGoogleペナルティの種類、そのタイミングや解除されるまでの期間について。

8095019766_a105c63472_b
アフィリエイトでまったく稼げない時に見直すべきポイント6つ

アフィリエイトを始めたものの、いつまで経っても稼げない。今まであったはずの売上が発生しない…そんな時に見直すべきポイントは?

アフィリエイトの確定申告は会計ソフトを使えば自分でできる?
アフィリエイト収入の確定申告は会計ソフトを使えば自分でできる?

初心者がアフィリエイト収入を確定申告する上で必要になる会計ソフト(freee、MFクラウド、やよい)を比較&検証してみました。

ポイントサイトを比較してみたらモッピーが一番良さそうな件
ポイントサイトを比較してみたらモッピーが一番良さそうな件

モッピーはげん玉やハピタスと比較して、報酬が高く稼ぎやすいポイントサイトと言われています。その理由やしくみを紹介します。

これからアフィリエイトを始めてみようと思っている人に、収入を稼ぐ前に知っておくべきことをいくつか紹介します。
アフィリエイトで初めての収入を稼ぐまでにかかる期間は?

アフィリエイトを始めて、実際に報酬を受け取るまでの期間がどれぐらいかかるのかをシミュレーションしてみました。

oyazi1
サラリーマンとアフィリエイターの働き方の違い

アフィリエイターはハイリスクハイリターンと言われますが、サラリーマンとの働き方の違いを紹介します。

キーボード
デスクワーク用に購入した椅子とパソコンキーボードのおすすめ

僕がデスクワーク用に買って良かった椅子とパソコンキーボードを紹介します。ちょっとした工夫で仕事が捗ります!

こんなSEO対策をすると低品質に!?評価されない検索キーワード
SEO対策でアクセスが増えない記事と検索キーワードとは?

記事を増やしても一向にアクセスが増えない…。間違ったSEO対策をしていませんか?

勉強法
コンバージョンを最大まで高めるキャッチコピーの作り方

コンバージョンを最大に高めるキャッチコピーとは?商品を販売する上で必要なキャッチコピーの作り方を紹介します。