MOFU'sアフィリエイト

*

iPhone6とPlusの大きさによるメリット・デメリットは?

      2016/09/27

iPhone6とPlusの大きさによるメリット・デメリットは?

ついにiPhone6が発売されました。

6sが発売されて、このページに辿り着いた人もいるかもしれませんね。

基本的に、6sを購入する人は、5や5sからの買い替えなのではないでしょうか?

iPhone6を使い始めて1年で6sを購入できるリッチな人もいるかもしれませんが、基本的には2年置きぐらいに機種変している人が多いと思います。

将来どんなサイズが出ているか分かりませんが、ここではiPhone6と6Plusの比較をしているので、ぜひ6sを購入するにあたっても比較してみて下さい。


iPhone6が欲しいけど6Plusとの大きさの違いで悩みまくった。

iPhone6が欲しいけど6Plusとの大きさの違いで悩みまくった。

僕は今までiPhone5を使っていましたが、この度『iPhone6』を買いました。

6Plusではありません。

僕が購入するに当たって一番悩みまくったのが、6Plusとの大きさの違いです。

今回は、6と6Plusのサイズについてメリットとデメリットをまとめたいと思います。

それぞれ用途や使い方が違うと思いますので、どっちの方が良いということはもちろんありません。

僕と用途や使い方、iPhoneに求めるものが近いのであれば参考になるかと思います。

将来、iPhone6sや7が出ても、買い変えない人が多そうな予感

将来、iPhone6sや7が出ても、買い変えない人が多そうな予感

iPhone6は容量も大きくなって64GBや128GBまであります。

なので、今回機種変したら、将来6sやiPhone7が発売されても買い変えない人が多いのではないかと思っています。

なぜなら、もう本体の大きさや薄さ、バッテリーの持ち、容量の大きさもそんなには変わることはないんじゃないかと思ったからです。

これまでのiPhoneは、まだまだ分厚かったり画面が小さかったりで、改良の余地があったように思います。

でも、iPhone6と6Plusが発売されて、ハード的にはもう頭打ちなんじゃないでしょうか?

本体の大きさや薄さにしても、これ以上大きくしたり薄くしたら、逆に使い勝手が悪くなる。

容量に関しても64GBや128GBもあれば動画や写真、アプリや音楽なんかをたくさん入れても十分使い切れないぐらいの容量があります。

まぁ、こんな風に思っていても、また6sや7に買い替えている自分がいるような気もしますが(笑)

いずれにしても、せっかく買い替えるのなら長く使いたいですよね。

自分の使い方で一番便利な方のサイズを買いたい。

なお、調べている中で、iPhone6のサイズの件で多くの同じ口コミがありました。

それは、『最初は片手で操作できない大きさがネックで6に決めていたけど、色々調べた上で最終的に6Plusにした』という人が多いようです。

YouTubeの動画で有名なあのヒカキンさんもそうみたいです。

僕も同じく6Plusにしようと思ったぐらいです。

サイズが大きいには大きいなりのメリットが用意されているようですね。

でも、最終的に僕はiPhone6にしました。

サイズの違いが絶妙すぎない?

iPhone6と6Plusのサイズは微妙な違いだからこそ悩む。

サイズの違いによる使い勝手において、メリットやデメリットの比較をしたいと思います。

まだサイズが分からないという人は、先に実物大を見ておくと分かりやすいです。

僕もそんな感じで実物サイズを見て、余計に悩むようになりました。笑

それというのも、サイズが違うといっても極端には変わらないからなんですよね。

iPhoneとiPadぐらいの違いがあれば一目瞭然ですが、微妙な違いだからこそ悩むのです。

でも、その微妙なサイズの違いで使い勝手が大きく変わります。


6Plusは、一万円札とほぼ同じ大きさ。

実際にどれぐらいの大きさなのかを、実物大でシミュレートしようとして、段ボールや紙などを一万円札に合わせて切ってみるという人が続出しているそう。

実物大に切ってみたら、『思っていたほど大きくないから6Plusでもいいんじゃないか?』と思う人も続出しているようです。

それが原因となって、実際に6Plusを購入してから、やっぱ後悔している人も続出しているそうなんです(笑)

これは厚みを考慮してなかったのが理由なんだとか。

大きさ自体は一万円札と同じですが、そこに実際の厚みを加えると操作性や携帯性は大きく異なってきます。

厚さがある分だけ、持ちやすさが違ってきますので注意して下さい。

ちなみに厚さも考慮すると、ロッテのガーナミルクチョコレートがほぼ同じとのことです。羽生結弦 ロッテガーナミルクチョコレート

僕がiPhoneを選ぶうえで優先したこと

僕がiPhoneを選ぶうえで優先したこと

ポケットに入れて持ち運べる携帯性

まず、iPhoneがポケットにスッポリ入るか入らないかを重視しました。

男性にとって、これは結構なポイントなんじゃないでしょうか?

バッグを日常的に持ち歩く女性はともかくとして、手ぶらで出掛けたいという男性は多いと思います。

その時に6Plusでは、ズボンのポケットにしても、シャツの胸のポケットにしてもはみ出してしまうのです。

入らないこともないそうなんですが、パンパンになってしまって出し入れしづらい、座った時に圧迫されて曲がってしまうということもあります。

ポケットに入れて持ち歩きたいという人は、迷わずiPhone6にするのがおすすめ。

注意点ですが、男性のジーパン、カーゴパンツ、チノパンなどのノーマルなパンツのポケットにはiPhone6はスッポリと入ります。

でもローライズのパンツなどでは、はみ出してしまうので注意して下さい。

僕は自宅にパソコンがあるので、iPhoneでネットや動画を観たりすることはほとんどありません。

その点でみても、持ち運ぶということがメインとなります。

自宅でもパソコン代わりとして使うという人は、まだ6Plusを選ぶ余地があります。


片手で操作できる操作性

6Plusはその大きさから、平均的な男性の手のサイズでも片手では指が届かないと言われています。

画面の下の方なら、持ち方によっては端から端まで指が届きます。

しかし、上の方や左上の端なんかはほぼ無理です。

それなので、基本的に片手での操作ではなく、両手で使うのが一般的になります。

6Plusにした人の中で、『片手で操作できなくなってからは、歩きながらiPhoneを使うことがほとんどなくなった』という口コミをしている人がいました。

でも、移動中にも使えるというのがモバイルの利便性なので、僕はそこは外せませんでしたね。

あまり良くないのは分かっているけど、歩きながらでもスマホを使いたい。笑

なお、片手で操作できないということに対してはこんな解決策がありました。

片手で操作した時に指が届かない画面の上の方は、ホームボタンを2回タップすると画面が下に降りてくるので問題ないとのことです。

でも、『そうは言ってもめんどくさい』という口コミも多数ありました。

6Plusの方が良いなと思ったところ

6Plusの方が良いなと思ったところ

画面が大きいところ

僕は本を電子書籍で読みたいなとも思っていたので、iPhoneがKindleの代わりになればいいなと思っていました。

そうすると画面が大きい方がいいんじゃないか…と悩みました。

実際にKindleで見た時の画面とiPhone6、6Plusで見た時の画面の比較がありました。

画面が大きい方が一度で表示される文章量が多いので、大きいほどいいんじゃないかとも思いましたが、6なら十分な表示領域だったのです。

それだったら、ページ送りが片手で操作しやすい方がもっとメリットなんじゃないかという結論に至りました。

性能、機能の違い

今回は6Plusにしかない性能や機能があります。

特に違うのはこの2つです。

  • バッテリーの持ちが良い
  • 光学式手ぶれ補正の機能が付いている。

まずバッテリーですが、iPhone6よりも6Plusの方がサイズが大きい分バッテリーの容量も多く、長持ちするようです。

6も5と比べるとかなり良くなっているし、毎日充電するのでこの点はさほど問題はないかと思いました。

光学式手ぶれ補正機能は、カメラで静止画を撮影する時だけ機能するとのこと。

動画に関してはiPhone6と同じで機能しません。

このあたりは僕はどちらでもいいという結論です。

まとめ

いかがでしたか?

僕がiPhoneを選ぶ上で特に重要視したポイントは、携帯性と操作性です。

これは僕が自宅にパソコンがあって、ネットや動画を観るのにiPhoneを使わないからというのが大きな理由です。

あなたがどういう目的でiPhoneを使うかによって、6の方が良かったり6Plusの方が良かったりしますので、自分のライフスタイルに合わせて選ぶようにして下さい。

iPadなどのタブレットを持っている人は、Plusにしてしまうとどっちつかずな用途になってしまうので、6の方がいいんじゃないかと思います。

同じようなものを2つ持ってても意味ないですよね。

あと、選ぶ上で先入観はとても危険です。

僕も最初は『自分は手が大きい方だから6Plusでも片手でいけるのでは?』と思ったりもしましたが、実際は到底無理な話でした。笑

以上ですが、ぜひあなたも買って後悔しないように選んで下さいね。

『iPhone SE』これで買わない理由がなくなった!?4インチ片手サイズで性能はiPhone 6s相当?


最強の自宅ネット環境!
圧倒的な安さ!!
Wi-Fiもセキュリティも全部込み
世界最速インターネットNURO光

NURO 光【公式サイト】 nuro


  関連記事

自宅ネット回線のシェアトップ!通信費の月額が業界最安値のYahooBB ADSLとは?
自宅ネット回線のシェアトップ!通信費の月額が業界最安値のYahooBB ADSLとは?

自宅ネット回線のシェアでトップを獲っているYahooBB ADSL。だからこそできる月額業界最安値、圧倒的な安さ。ネット回線でコスパ重視の方は必見です。

史上最安値!?スマホ端末代込みの月額プラン【So-net LTE SIM+スマホセット1980】って実際どうなの?
史上最安値!?スマホ端末代込みの月額プラン【So-net LTE SIM+スマホセット1980】って実際どうなの?

大手キャリアの携帯電話料金が一向に安くならない中、史上最安値の月額プラン(スマホ端末代込)「So-net LTE SIM+スマホセット1980」が登場!比較してどれ程安いのか、詳しく紹介。

またしても罠か!?ソフトバンクの『解約金が発生しない』新料金プランとは?
またしても罠か!?ソフトバンクの『解約金が発生しない』新料金プランとは?

ソフトバンクから新料金プランが発表されました。それによると契約更新月じゃなくても『解約金(違約金)が発生しない』とのこと。そのメリットとそこに潜む罠を暴きます。

携帯電話料金、支払い過ぎていませんか?格安スマホなら半額以下に節約できる!
携帯電話料金、支払い過ぎていませんか?格安スマホなら半額以下に節約できる!

実は携帯電話料金を無駄に支払い過ぎている人は少なくありません。月々の料金を大手キャリアよりも半額以下にできるSIMフリーや格安スマホについて紹介します。

YahooBBを解約してホワイトBB…ではなくSoftBank Airにした理由
YahooBBを解約してホワイトBB…ではなくSoftBank Airにした理由

今まで使っていたYahooBB ADSLを解約して工事不要のインターネット接続サービスSoftBank Airに乗り換えました。ホワイトBBとの比較も併せて紹介しています。

l201009032300
ソフトバンクエアーの申し込みをした結果…

YahooBBからソフトバンクエアーにサービス変更の申し込みをした結果、このような結果になってしまいました。

Apple-Watch(アップルウォッチ)
何が便利なの?アップルウォッチのその機能とは…

iPhoneに続いてアップルウォッチが発売!ただ小さくなっただけじゃない!?アップルウォッチのその機能について紹介します。

ADSLの料金にガッカリ。YahooBBバリュープランかホワイトBBに。
ADSLの料金にガッカリ。YahooBBバリュープランかホワイトBBに。

ADSLの料金が高いんじゃないかと思った人は参考にしてみて下さい。実はもっと全然安いプランがあるんです。

IMG_0519
ソフトバンクのスマート値引きはホワイトBBに加え光やYahoo!ADSLも!

スマホBB割に代わる『スマート値引き』の狙いとは?ホワイトBBだけじゃなく光やYahoo ADSL等の固定通信が割引対象に!

通話をする人が減っているタイミングになって、スマ放題新料金プランが出現
ソフトバンクはWi-Fiを使えばスマ放題料金プランの方が安くなる!

ソフトバンクはWi-Fiを上手く使うことでスマ放題料金プランの方が月額料金をかなり安くすることができます。