MOFU'sアフィリエイト

*

投資の基本「リターン」と「リスク」について初心者が知っておきたいこととは?

   

投資の基本「リターン」と「リスク」について初心者が知っておきたいこととは?

ここ十数年でインターネットが普及したことにより、「投資」が非常に身近なものとなりました。

皆さんも、メディアにおいて主婦や学生が投資で成功したという事例をご覧になったことがあるのではないでしょうか。あるいは、皆さんの家族や友人の中にも投資を行っている方がいらっしゃるかもしれません。

株式の他にも投資先は色々ある!資産を増やすための運用方法

そしてまた、この記事を呼んでいるあなた自身もこれから投資を始めることになるかもしれません。


つまり、投資は今や我々の生活に非常に密接な存在となってきているのです。そして、そこで重要になってくるのが投資に関する知識です。投資が身近になり、インターネットを使って誰もが投資を行える時代になった現代だからこそ、誰もが投資についてのリテラシーを持つべきなのです。

投資のにおけるリターン

投資のにおけるリターン

投資について知る上で最も重要で、且つ最も基礎的な部分に当たるのがリターンとリスクです。この2つの内、本項ではリターンについて取り上げます。

投資で得られるリターン(収入)には、「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」の2つがあります。

キャピタルゲイン

キャピタルゲインとは、資本(キャピタル)の価値が変動することによって得られる収入(ゲイン)のことで、資本的収入とも呼ばれています。また、もう少し簡単に言うと値上がり益と言うことになります。

例えば、不動産の場合には土地価格の上昇による利益がキャピタルゲインに当たり、株式の場合は株価の上昇による利益がこれに当たります。

またこの他では、投資信託や債券などの有価証券の売却益や先物取引、信用取引、オプション取引、外国為替証拠金取引、商品先物取引、CFD取引などの差金決済益、絵画、骨董品、貴金属(金、銀、プラチナ等)、ゴルフ会員権などの譲渡益などがキャピタルゲインに含まれます。

尚、キャピタルゲインについては一般に、投下資本が大きいほどあるいはレバレッジが高いほど利益が拡大すると言われています。


インカムゲイン

インカムゲインとは、投資の対象となる資産自体によって生み出される収入のことを指します。

例えば、不動産投資における家賃収入や株式投資における配当金、銀行預金における利息がこれに当たり、この他にも、利付債券(国債、普通社債、転換社債等)の受取利息や外国為替証拠金取引のスワップポイント、投資信託の収益分配金などがインカムゲインに該当します。

つまり、極簡単に言ってしまえば、インカムゲインと言うのは「資産を保有することで得られる利益」ということになります。ですので、インカムゲインにはキャピタルゲインよりも安定性が高いという特徴があります。

尚、インカムゲインについては、投資対象のリスクが高いほどリターンの水準も高くなるということが一般に言われています。結局のところリスクに比例するということですね。

投資におけるリスク

投資におけるリスク

日常の会話の中でも頻繁に使われる「リスク」という言葉ですが、投資においてもリスクという言葉が頻繁に登場します。

おそらく、皆さんも「ハイリスク・ハイリターン」あるいは「ローリスク・ローリターン」と言った言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。

では、この「リスク」とは一体どのようなものなのでしょうか?

まず言葉の意味を説明すると、リスクと言うのは将来における不確実性及び危険性を表す言葉で、対義語として知られているのがリターンと言う言葉です。

そして、この2つは互いに異なるものではありますが、同時に表裏一体のものでもあります。

株式投資を例に取って考えみましょう。

まず、ここにAという銘柄があって、現在の株価が100円、将来的には80円になることもあれば120円になることもあるとします。

つまり、価格が動く可能性は上下共に20%なので、リスクも20%ということになります。そしてその反対に、リターンも20%ということになります。

そしてもう一つ、銀行預金を例に挙げます。

銀行預金についてはリスクが小さいということがよく言われます。それはつまり、利息が大幅に小さくなったり元本が大きく減少するということが無い為、その分損益が生まれる可能性が低いということなのですが、その反面、利息が大幅に大きくなるということもありませんし、元本が大幅に増えるということもありません。

どうでしょうか?この二つの例を見ればお分かりになりますよね。

つまり投資においては、リスクが大きければ損益が出た場合の額も大きくなり、利益が出た場合の額も大きくなるということなのです。

そしてその反対に、リスクが小さければ損失が出た場合の額を抑えられますが、その代わり利益が出た場合の額も小さくなってしまうわけです。

リスクを無くすことはできない

リスクを無くすことはできない

投資においても日常生活においても常に付きまとうのが「リスク」です。

例えば、現代人の多くは自動車を使っています。これは、自動車を使うことで目的地に早く到着できたり行動範囲が広がったりと言う利益(リターン)があるためですが、その一方で、自動車を使っていると交通事故を起こしてしまう可能性(リスク)があります。

つまり、我々はリターンを得るために必ず何らかのリスクを背負わなければならないのです。

そして、これは投資についても同じことです。例えば株式投資の場合、どの銘柄を購入しても株価が下がる可能性もあれば上がる可能性もあります。

ですから、投資においても日常生活においても、我々は常にリスクと付き合っていかなければならないのです。

投資にはどのようなリスクが存在するのか

投資にはどのようなリスクが存在するのか

数ある資産の中には、現金や銀行預金、国債など、安全だと言われているものがいくつかあります。

しかし、これらの資産が他の資産(株式など)と比べて安全なのは確かですが、それでも尚こうした「安全な資産」にもリスクは存在しています。

つまり、どのような資産にもリターンが存在する以上、リスクも存在するのです。

さて、では一体投資におけるリスクには具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

インフレリスク

インフレリスクとは、インフレーションが発生して貨幣の価値が下落することで生まれるリスクのことです。

貨幣の価値が下落するということは、物価や資産の価値が上昇するということなのでほとんどの資産運用商品はインフレリスクに対して強いのですが、現金や銀行預金(特に定期預金)、債券などはインフレリスクの影響を大きく受けてしまいます。

価格変動リスク

価格変動リスクとは、投資対象としている資産の価格が通貨に換算した場合に上下することで生まれるリスクです。

もっとも、リスクと言う言葉が付いていますが、価格が上がった場合にはリターンが生まれるため、表裏一体であると言うことができます。

為替リスク

為替リスクとは、外国為替のレートが変動することによって生まれるリスクで、上記の価格変動リスクと本質的には同じものです。

また、レートの変動に伴ってリスクが発生する一方でリターンが発生する可能性があるという点も価格変動リスクと共通しています。


流動性リスク

流動性とはそもそも売買の量や売買のしやすさを指す言葉で、流動性リスクとはこの流動性が低くなることで、売りたくても売れなくなったり、売れたとしても安い値段になってしまったりするリスクのことを言います。

信用リスク

信用リスクとは、株式や債券を発行している政府や地方自治体、企業などが破綻するリスクのことです。信用リスクは多くの資産に存在しており、日本の通貨である円でさえも信用リスクを抱えています。

金利リスク

金利リスクとは、将来的に金利が変動することで発生するリスクです。

例えば債券投資において固定金利商品に投資している場合、市場金利が上昇するとその商品の生み出す金利(キャッシュフロー)の価値が相対的に低下してしまうため、債券の価格が下がってしまいます。

経済的にどんな効果があるの?マイナス金利政策のメリット・デメリット

市場リスク

市場リスクとは市場全体の動向によって生まれるリスクのことです。

株式投資において、株式を保有する企業の業績自体は良いのに市場の評価が下がることで、結果として企業の株価も下がってしまうというのが市場リスクの一例です。

カントリーリスク

カントリーリスクとは投資先の国家(カントリー)に関係したリスクのことです。投資先の国家における大規模な災害や軍事的なクーデターなどがこれに当たります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?投資におけるリターンとリスクについてお分かりいただけたでしょうか。

皆さんも投資を始める際には、この2点をしっかりと踏まえて投資先を選んでいただきたいと思います。

投資とギャンブルは何が違う?初心者が資産運用で気を付けること

初心者向け!資産運用の種類『不動産投資』と『FX』について知っておこう!


最強の自宅ネット環境!
圧倒的な安さ!!
Wi-Fiもセキュリティも全部込み
世界最速インターネットNURO光

NURO 光【公式サイト】 nuro


  関連記事

『金融』の基礎知識。資産運用をするならこれだけは知っておこう!
『金融』の基礎知識。資産運用をするならこれだけは知っておこう!

資産運用・投資を行う上で最低限知っておくべき知識として『金融』があります。金融とは何なのか?目的と種類ごとに解説しているので初心者は参考にしてみて下さい。

株式の他にも投資先は色々ある!資産を増やすための運用方法
株式の他にも投資先は色々ある!資産を増やすための運用方法

資産を増やすための運用方法として株式投資以外にも色んな投資先があります。ここでは株式投資、投資信託、先物取引について紹介しています。

初心者向け!資産運用の基礎『不動産投資』と『FX』について知っておこう!
初心者向け!資産運用の種類『不動産投資』と『FX』について知っておこう!

株式投資を始め資産運用にも色々ありますが、ここでは不動産投資の種類とFXについて、初心者向けに基礎的なことを簡単に紹介しています。

投資初心者が知っておくべき重要ワード「レバレッジ」の正しい意味とは?
投資初心者が知っておくべき重要ワード「レバレッジ」の正しい意味とは?

投資を始める上で知っておくべき重要なワードとして「レバレッジ」があります。レバレッジを効かせるとはどういうことか?リターンとリスクについても把握しておきましょう。

人生のリスクを回避する身近な金融商品「保険」の基礎知識を知っておこう!
人生のリスクを回避する身近な金融商品「保険」の基礎知識を知っておこう!

私たちは日常生活を送る上で様々なリスクを抱えています。そんなリスクを回避する身近な金融商品「保険」について基礎知識を知っておきましょう。

投資とギャンブルは何が違う?初心者が資産運用で気を付けること
投資とギャンブルは何が違う?初心者が資産運用で気を付けること

これから資産運用を考えている初心者の方は、まずは資産運用とは何か、投資とギャンブルの違い、そして投資と投機の違いを把握しておきましょう。