MOFU'sアフィリエイト

*

仕事の効率を良くする!モチベーションアップさせる方法5選

      2016/02/10

仕事の効率を良くする!モチベーションアップさせる方法5選

仕事の効率を良くするのはモチベーション次第。

自分を追い込まないとモチベーションアップしない人もいれば、普段からモチベーション高く過ごせている人もいるんじゃないかと思います。

後ほど詳しく説明しますが、完璧主義の人ほどモチベーションがあがらない傾向にあるそうなのです。


仕事も勉強も取り組む姿勢が肝心

仕事も勉強も取り組む姿勢が肝心

例えば受験生の勉強も同じだと思うんですが、やらない人はとことんやらないし、やる人はもの凄くやる。

勉強ができる人というのは、頭が良いとか知識がある以前に『勉強に取り組める姿勢がある。』ということなんだと思います。

大学受験にしても就職試験にしてもそうですが、頭の良さや知識が問われている以前に、その人がどれぐらい勉強に取り組めてきたのかという姿勢が問われています。

勉強なんて生まれつき好きな人はいません。

理由はどうあれ、やった人は結果に繋がるし、嫌だからといってやられなければそれまで。

やらない人よりは、嫌でも自分にムチ打ってやれた人の方が評価されて当然なのです。

勉強を習慣付けできた人とできなかった人では、そこには歴全の差が生まれてしまいます。

もし『小さい頃から毎日勉強するのが当たり前だった』なんて人は、親の教育に感謝しましょう。笑

習慣付けできていない人は、勉強をすること自体がすごくストレスになります。

習慣付けできている人は、ストレスを感じずに作業の一環として取り組むことができます。

仕事のモチベーションを保つという意味でも、この差は大きいです。

僕が学生だった頃は、こんな考え方をしていました。

  • 『こんな公式覚えたところで将来役に立たない』
  • 『海外行かないから英語なんて必要ない』

内容自体が役に立つのか立たないのかばかり考えてしまい、『勉強に取り組む姿勢が肝心である』ということに気付けなかったのです。

僕はそこに気付くのが遅過ぎました。

いい仕事をするためにはモチベーションが必要。

いい仕事をするためにはモチベーションが必要。

良い仕事をするためには、それに取り組むというモチベーションが必要です。

その上で、環境と効率の良さも大切。

僕は基本的に追い込まれないとモチベーションがアップしません。笑

これも学生時代にそうだったからなのかもしれません。

やる気のスイッチが入った時だけいつもの仕事の2倍できたとしても、普段からコンスタントに仕事をこなしている人と比べると、1カ月あたりの仕事量は歴全の差になります。

毎日1つしか仕事ができない人は1カ月で30個、毎日2つの仕事ができる人は1カ月の仕事量は60個にもなります。

1日や2日では大した差はでませんが、それが1カ月にもなると倍の差に。

これが1年2年と経ってしまったら、取り返しのつかないほどの仕事量になります。

特に、僕のようにアフィリエイトで生計を立てている者としては、作業量がそのまま収入に反映するので大問題です。

仕事の効率を良くするためには、基本的に『モチベーションをアップさせる』必要があります。

普段からモチベーション高く仕事をするにはどうしたらいいのか、いくつか考えてみました。


近い目標、実現できる目標を具体的に設定する。

近い目標、実現できる目標を具体的に設定する。

モチベーションをアップさせるためには目標が必要です。

『穴を掘って埋める』じゃないですが、何の目標や生産性もない単調な仕事ほど辛いものはありません。

目標がなければ、目の前の仕事にやる気が起きるわけがないですよね。

何のためにこの仕事をするのか、この仕事をすることによって何が改善されるのか、理由がなければやる気は起きません。

何かを成し遂げるために、まずは目標を立ててみる。

その目標に向かって、成果を積み上げていくことが日々のモチベーションにつながります。

成果の感じられない仕事は続きません。

注意点としては、目標は『近い将来の目標』であること。

そして、『実現できる目標』にするということです。

『毎月の売上を2倍にする』など、あまりに現状とかけ離れた目標や具体性に欠ける目標はモチベーションアップにはつながりません。

目標も、成果から逆算して細分化することが大切です。

仕事の優先順位を決める。

仕事の優先順位を決める。

どんな仕事にも、優先順位があります。

優先順位を決めて仕事に取り組まなければ、仕事の効率が悪くなるだけでなく、仕事へのモチベーションさえも低下します。

今やらなければいけないことを先延ばしにしてしまうことによって、どこから手を付けていいのか分からなくなるという結果に。

アフィリエイトで言えばこんな感じになります。

アクセス数を増やす上で、直接関係のないデザインの部分に先に取り掛かるよりも、アクセス数に関係する記事の作成を優先して力を入れた方がいいのです。

後からでもできるデザインの部分に先に力を入れてしまうと、そればかりにこだわってしまって、本来やるべき肝心な仕事のモチベーションが下がってしまうことになってしまいます。

期日を決めて、必ず守る。

仕事には『いつまでにやるという期日』を決めるのがとても大切です。

仕事には優先順位があるわけなので、期限のない仕事は一生やらない可能性が高くなります。

期日を決めてそれを守ることによって、その日までに完了させるというモチベーションにつながるのです。

休むことも仕事の内。

たまには休む。メリハリが必要。

昔の根性論で言えば『24時間働けますか?』なんていうのを良しとしていた時代の風潮がありますが、本当に24時間働いていたら数日で病院送りになります。笑

いまだに『有給休暇をとらない』『ひたすら残業を頑張る』ことが社会では美徳とされているフシがありますが、本当に効率よく仕事をしようと思ったら休むことが必要なのです。

高いモチベーションをキープするためには、休むことも仕事の内。

仕事の期限に追われることはありますが、毎日の仕事を100%の力で頑張るというのは体力がもたないし、モチベーションも続きません。

昔の人から言わせれば『甘い』となるのでしょうか?笑

何事にもメリハリが肝心だと思います。


完璧主義にならずに、効率を重視する。

完璧主義にならずに、効率を優先する。

神経質な人、真面目で責任感が強い人ほど、仕事をする上で完璧主義になってしまう傾向があるということがあげられます。

完璧主義の何がいけないのかというと『仕事に対して、腰が重くなるから』です。

僕は完璧主義の傾向があって、やると決めたことは完璧にこなさないと気が済まないことがあります。

それはそれで良い部分もありますが、その代わり取り掛かるまでに時間が掛かったり、いつまでたってもやる気になれなかったりします。

やるからにはバッチリやりたいという気持ちが強すぎて、自らハードルを上げてしまう。

その結果、モチベーションがあがらないという状態になってしまいます。

『やればできる子』だと自分でも思っているのですが、そもそも、やらない。笑

結果、一向にやらないので『できる子』にはなれないのです。

やればできる子なんて、できない子と同じ。

小さい頃にこんな経験がありました。

当時ファミコンが流行っていて、親にソフトを買ってもらいました。

普通ならすぐにゲームを始めると思うのですが、僕は説明書を熟読してからじゃないと始められない子だったのです。

やり方を完璧に覚えてからじゃないと、始められない。

さらには、ステータスを完璧にしなければ気が済まない。

気に入らないとすぐにリセットボタン。

これは、悪い意味での典型的な完璧主義だったんだと思います。

いま思えば、やってみて分からなかったとこだけ説明書を読んだ方が効率が良いのです。

勉強でも同じようなことがあって、黒板をノートに写すことに必死になってしまい、ただ綺麗に書き写しているだけで、肝心の内容が全く頭に入っていなかったのです。

本の読み方も同じ。

目次から一字一句完璧に読もうとするから、次第に面倒になって読むのを止めてしまう。

それだったら、興味があるところだけでも読んでいた方が、結果に繋がりますよね。

仕事にも同じことが言えます。

ひとつの作業に何時間もかけて100%にするよりも、80%でその分多く作業をした方が効率が良いはず。

『頭でっかちにならずに、まず行動してみる』と言いますが、まさにそれが大切なんだと身に沁みて分かりました。

行動するからこそ、結果的にモチベーションアップするとも言えると思います。

モチベーションアップさせる方法まとめ

いかがでしたか?

完璧主義の人は思い当たるフシがありましたでしょうか?

簡単にまとめると、仕事のモチベーションをアップさせるためには、こうなります。

  • 実現できる目標を設定する。
  • 仕事の優先順位を決める。
  • 期日決めて、必ず守る。
  • 休むことも仕事の内。
  • 完璧主義にならず、効率を重視する。

答えはいつもシンプルなのかもしれません。

『仕事ができる人』の特徴とは?デキリーマンにはどんな共通点がある?

仕事ができない人の特徴を知って反面教師にしてみよう!

やりたい仕事がない…働く意味が分からないという人へ。


最強の自宅ネット環境!
圧倒的な安さ!!
Wi-Fiもセキュリティも全部込み
世界最速インターネットNURO光

NURO 光【公式サイト】 nuro


  関連記事

tension
人前が苦手過ぎる…プレゼンで緊張しない方法は?

仕事でもプライベートでも人前に立って話をする機会は避けては通れないものです。そんな時のために緊張しない方法を紹介します。

働くとは?やりたい仕事がない、やりたいことが見つからない人へ。
やりたい仕事がない…働く意味が分からないという人へ。

働くとはどういうことか?やりたい仕事がない、やりたいことが見つからない人は参考にしてみて下さい。

201107290200
こんな会社だったら、もう辞めちゃえば?

我慢して会社を辞めないことが人生ではありません。我慢すればするほど自分の人生が犠牲になっていくことに気付きましょう。

あなたの会社は大丈夫?ブラック企業の特徴8選!
あなたの会社は大丈夫?ブラック企業の特徴8選!

今やごまんとあると言われているブラック企業。その見極めるための典型的な特徴をいくつか紹介しています。

黙々と作業したい?コミュ障におすすめのアルバイトとは?
黙々と作業したい?コミュ障におすすめのアルバイトとは?

周囲の人とコミュニケーションをとるのが苦手、もしくはできないという人はコミュ障と言われています。ここではコミュ障でもできるおすすめのバイトを紹介します。

理由付けはどうする?就職・転職活動で失礼なく内定を辞退する方法
理由付けはどうする?就職・転職活動で失礼なく内定を辞退する方法

就職や転職活動で複数社から内定を貰えることもあります。そんな時は理由を付けて一方を辞退しなければなりません。失礼のないように内定を辞退する方法を紹介します。

自分の年収がどの位置にあるのか?サラリーマンの平均年収を参考にしてみよう!しかしそこにはリアルとはほど遠い、ある問題が…。
30歳が目安に?サラリーマンのリアルな平均年収とは?

自分の年収がどの位置にあるのか?サラリーマンの平均年収を参考にしてみよう!しかしそこにはリアルとはほど遠い、ある問題が…。

就職・転職活動で優良中小企業の探し方とは?
就職・転職活動で優良中小企業の探し方とは?

就職や転職活動において、優良中小企業かどうかを見極めるためのポイントや探し方をいくつか紹介しています。

ついに導入!通勤ラッシュでも必ず座れる電車とは?
ついに導入!通勤ラッシュでも必ず座れる電車とは?

東京の通勤ラッシュは年々ひどくなるばかりです。そんな中、突如現れた「必ず座れる電車」。これはどういったもので、今後どうなっていくのかを紹介しています。

自分の位置はどこ?女性の平均年収を年代別にチェック!
自分の位置は?女性の平均年収を年代別にチェック!

女性の平均年収を年代別に解説しています。自分の年収はどの位置にあるのか?そして業種による差もチェックしてみて下さい。