MOFU'sアフィリエイト

*

史上最安値!?スマホ端末代込みの月額プラン【So-net LTE SIM+スマホセット1980】って実際どうなの?

      2016/11/21

史上最安値!?スマホ端末代込みの月額プラン【So-net LTE SIM+スマホセット1980】って実際どうなの?

毎日新しい情報を届けてくれるスマートフォンは、生活必需品。

もう完全に体の一部になっている人も少なくないのではないでしょうか。

ここでは、そんなスマホのなかでも史上最安値の月額スマホサービスが登場しましたので、ご紹介します。


史上最安値?So-netの「LTE SIM+」とは

史上最安値!「So-netのLTE SIM+」とは

業界内で、もっとも安いスマホとして注目されているのが、So-Net(ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社)が提供する『LTE SIM+スマホセット1980』です。

その安さは数あるスマートフォンキャリアの中でも群を抜いており、なんと基本プランで月額1980円というとんでもない金額。

これまでのスマホといえば、大手キャリアの最安プランで月々5,000円はくだらないといわれていたことから比べると、破格といっても過言ではないでしょう。

それにしても、総務省より通信料金値下げ勧告があったにも関わらず、ドコモ、ソフトバンク、auは足並みを揃えていて、一向に安くなる気配がありませんね。

新プランはどこも同じ価格。価格競争にならないように談合していると思われても仕方ないほど不自然です。

そんな汚い大手キャリアに対抗する勢力が出てくるというのは、業界の健全化にも一石投じてくれそうです。

ぜひ、注目してみたいところです。

月額最安料金のポケットWiFiが登場!『YahooWiFi(401HW)』のデメリットと口コミ

So-netの「LTE SIM+」はなぜそんなに安いと言い切れるのか?

So-netのLTEが「なぜそんなに安いと言い切れるのか?実は何か裏があるんじゃないか?」と疑いたくなる気持ちありますよね。

ここで、安いと言える理由を洗いざらいお伝えしたいと思います。

ひとつは、他社はスマホの端末代金が大幅に上乗せされているためです。

メールにインターネットブラウジング、こうした高機能が提供される本体というのは、言ってみれば小さなパーソナルコンピュータといっても過言ではありません。

大手キャリアの料金は、一見すると月々5,000円であっても、その端末代は総額10万円を超えているケースも少なくなく、結果的にそれを払いきるまではかなり高い利用料となってしまうことが上げられます。

もちろん月々割などで端末代が大幅に割引されますので、実質負担金は1万~3万ほどです。

実際に計算してみると、大手キャリアの月額最安プランが5,000円として、そこに端末代の実質負担金が1,000円だったと仮定すると、月々6,000円。

それを2年間使用したとすると、144,000円です。

一方で、このSo-net LTE +であれば、端末代をあわせた月額料金がたったの1980円ですから、2年間使用で47,520円

大手キャリアよりも総額で約10万円も安く、ざっと3分の1と、明らかに安いと言えます。

もちろん、ここから長電話したりすると料金がかさむことは目に見えていますが、現在はLINEやSkypeなどのコミュニケーションツールにより無料電話があったりと電話をする機会自体が減っていますから、使い方によっては極限まで出費を抑えることができるといえるでしょう。


オプション不要

もうひとつの理由として、スマホの利用料を高騰させる理由として、スマホに付随してついてきていた数々のオプションがあります。

万が一壊れたときの安心保障、最低何年契約の縛り、国際電話、数々のアプリの強制加入など、その内訳をあげたらきりがありません。

これらは実に、スマホ月額料金の半分近くを占めていることもあり、オプションを見直すことでかなり費用を抑えることができるのも事実です。

例えば月額500円のオプションを4つ加入していたら、それだけで月額2,000円も上乗せ、2年間でみれば48,000円にものぼります。

So-net LTE+では、従来どこのキャリアでも強制加入であったオプションを自由に取り外し、自由に組み合わせを変更できることで、この1980円という驚きの使用価格を実現しているのです。

実際に、めったに使わないサービスに常時加入しているのはこれ以上ないレベルの無駄ですから、思い切ってコストカットのメスを入れる良い機会といえるでしょう。

So-netのLTE SIM+のSIMは何が違うのか

So-netのLTE SIM+のSIMは何が違うのか

SO-NETのこのサービススマホは、SIM+とあるからには何かしら、特別なSIMカードを使っているのでしょうか。

実は、このサービスに使われているSIMは格安SIMと呼ばれているとても安価なものです。とはいえ、端末代を加えると、実質このSIMの値段はかなり高いのが現状でした。

しかし、最近1GBの通信で980円という激安価格で提供できるSIMが開発され、これが激安SIMと呼ばれているものです。

今までのキャリアと異なり、街中に自分のキャリア固有のアンテナや基地を持たないのがポイントです。

その場所で存在するアンテナを常時借りることで通信を実現しています。

このため、通信できる速度や容量はオリジナルのキャリアのユーザーに比べると明らかに狭く、遅くなりがちであるのが特徴です。

ただ、あくまでそれは使用に耐えられるレベルの速度低下であり、もっといえば、スマホをもっているけどあまり普段から使わない人、最低限の機能だけあれば満足できてしまう人などは、この格安SIMを使用したほうが断然お得であることは目に見えているでしょう。

YahooBBを解約してホワイトBB…ではなくSoftBank Airにした理由

So-netのLTE SIM+への乗り換えは簡単?

実際にSo-Net LTE+を使用するためには、十中八九、現在使用している端末からの乗り換えという形になるでしょう。

しかし、ご安心ください。

SO-Net LTE+は、MNPにしっかりと対応しています。

MNPとは自分が現在使っている電話番号を、スマートフォンのキャリアを超えて引き継ぐことができる機能です。

これにより、どのキャリアのスマホを使用している人でも、番号をまったく新しいものに変えることなく、現在使っている環境にダメージを与えることなく、穏やかに乗換えをすることができます。

こうした手続きは、普通のキャリアであれば一度近くのショップのカウンターに出向かないといけないものでしたが、So-netの場合には、なんとネット経由で申し込み手続きが可能なのです。

余計な時間を浪費せず、忙しい人でも仕事や勉強合間に、さくっと切り替えできてしまうのは非常にうれしいことですね。


So-netのLTE SIM+の機能面はどうなのか

So-netのLTE SIM+の機能面はどうなのか

ここまで安価で手軽に導入できるとなると、機能面も気になるものです。

So-net LTE+は、今までのスマートフォンについていた基本的、最低限な機能はそのまま保持しているため、通常使用で困ることはありません。

CPUはMT6735の1.3クアッドコアを搭載しており、街中で多くの人が使っているキャリアの端末と比べてもまったく遜色のないものです。

メモリも2GBのRAMが搭載しており、SIMカードはmicro SIM、nano SIMの双方が1枚ずつ使用できるダブルスロットとなっています。

前面と背面にそれぞれカメラも搭載しており、大きくて見やすい5インチ型のディスプレイなど、実に一般的、下手をすれば少し前の型である自分のスマホと比べれば明らかに高スペックとなるかもしれません。

比較的シンプルなデザインで作られているため、そこまで好き嫌いが分かれるものではなく、ビジネス用としても十分に耐えられそうなスタイリッシュさを備えています。

同じかそれ以上のスペックであり、かつ料金をかなり抑えることができるのであれば、確実に乗り換えたほうが得である、という結論に至ります。

インターネット回線を提供するプロバイダ(So-net)が提供しているスマホということもあり、通信速度は格安SIMで遅いものの、その管理はしっかりしていると見ることができるでしょう。

まとめ

一見胡散臭い印象を受ける格安SIMですが、ふたを開け、原理を紐解いてみると、しっかりとした原理によって回線が制限されているために、通常のキャリアよりも低価格で提供できるものであることがわかります。

スマホが発売された当初は、さまざまなアプリや機能をインストールしては使うのに躍起になっていたかもしれませんが、ふと思い返してみると、しばらくすると必要最低限な機能しか使っていない生活に落ち着いていることに気づくのではないでしょうか。

普段の生活の中で、極力出費を抑えようという試みの中で、今までであれば「固定料金だからしかたない」とあきらめていたスマホ料金のオプションを自由に選択できますから、これまでと比べて通信費をかなり節約できると言えます。

スマホブームが一段落してきたところで、是非もう一度自分自身のライフスタイルを見直してみて、もしそこまで実はスマホに注力していないのだとしたら、実は乗り換え時期なのかもしれません。

大手キャリアの経営戦略は、消費者にできるだけ気付かれない、もしくは意識させないレベルで月額料金を上乗せしようとしています。

このほか、さまざまな情報がネット上に出ていますから、是非ご自身でも調べてみて、納得したうえで有意義な乗り換えやコストカットを実現してみてください。

どこかに必ず無駄な部分があるはずです。使用していないものに月額料金を払うほどバカらしいものはありませんよね。

格安スマホ・格安SIMを上手に利用すれば、総合的に見て案外そんなに質を落とすことなく、維持したままコストカットができるようになると思いますよ。

乗り換えに関しても、思っている以上に簡単です。

『So-net LTE SIM+スマホセット1980』、是非検討してみて下さい。

格安スマホやSIMについてはこちらが参考になります。

最安値の格安SIM『nuro mobile』で携帯代が年間6万円も節約に!?

携帯電話料金、支払い過ぎていませんか?格安スマホなら半額以下に節約できる!


最強の自宅ネット環境!
圧倒的な安さ!!
Wi-Fiもセキュリティも全部込み
世界最速インターネットNURO光

NURO 光【公式サイト】 nuro


  関連記事

家でも外でも使えるインターネット回線!『So-net モバイル WiMAX 2+』
家でも外でも使えるインターネット回線!『So-net モバイル WiMAX 2+』

家でも外でも気軽にインターネットが使えたらとても便利ですよね。いま話題の『So-net モバイル WiMAX 2+』について紹介します。

l201301250400
乗り換えた方がいいレベル!世界最速の光インターネットNUROが凄い!

So-netが提供を始めた光インターネット回線サービス『NURO』。世界最速スピード、その他のメリットも説明しています。

自宅ネット回線のシェアトップ!通信費の月額が業界最安値のYahooBB ADSLとは?
自宅ネット回線のシェアトップ!通信費の月額が業界最安値のYahooBB ADSLとは?

自宅ネット回線のシェアでトップを獲っているYahooBB ADSL。だからこそできる月額業界最安値、圧倒的な安さ。ネット回線でコスパ重視の方は必見です。

l201009032300
ソフトバンクエアーの申し込みをした結果…

YahooBBからソフトバンクエアーにサービス変更の申し込みをした結果、このような結果になってしまいました。

IMG_0519
ソフトバンクのスマート値引きはホワイトBBに加え光やYahoo!ADSLも!

スマホBB割に代わる『スマート値引き』の狙いとは?ホワイトBBだけじゃなく光やYahoo ADSL等の固定通信が割引対象に!

8042384805_7bcdd23238_b
これは酷い…ネットやスマホの契約『初月無料』の落とし穴

ネットやスマホなどの契約で『初月無料キャンペーン』がありますが、僕がハマったソフトバンクの罠を紹介します。

携帯電話料金、支払い過ぎていませんか?格安スマホなら半額以下に節約できる!
携帯電話料金、支払い過ぎていませんか?格安スマホなら半額以下に節約できる!

実は携帯電話料金を無駄に支払い過ぎている人は少なくありません。月々の料金を大手キャリアよりも半額以下にできるSIMフリーや格安スマホについて紹介します。

YahooBBを解約してホワイトBB…ではなくSoftBank Airにした理由
YahooBBを解約してホワイトBB…ではなくSoftBank Airにした理由

今まで使っていたYahooBB ADSLを解約して工事不要のインターネット接続サービスSoftBank Airに乗り換えました。ホワイトBBとの比較も併せて紹介しています。

通話をする人が減っているタイミングになって、スマ放題新料金プランが出現
ソフトバンクはWi-Fiを使えばスマ放題料金プランの方が安くなる!

ソフトバンクはWi-Fiを上手く使うことでスマ放題料金プランの方が月額料金をかなり安くすることができます。

月額最安料金のポケットWiFiが登場!『YahooWiFi(401HW)』のデメリットと口コミ
月額最安料金のポケットWiFiが登場!『YahooWiFi(401HW)』のデメリットと口コミ

ヤフーから月額最安料金のポケットWiFiが発売されました。YahooWiFi(401HW)の特徴、メリット・デメリット、使用している人の口コミなど、良いとこ悪いとこを全部一挙に紹介!