MOFU'sアフィリエイト

*

ソフトバンクエアーの対応エリアと速度!選べるプロバイダは?

   

ソフトバンクエアーの対応エリアと速度!選べるプロバイダは?

「自宅にルーターを置くだけでインターネットにつながる」「モデムの電源をコンセントに差すだけでインターネットが使える」を最大の利点とした、ソフトバンクモバイルの「Softbank Air(ソフトバンクエアー)」は、どの様にインターネット環境を実現しているのでしょうか?

実は端的に言えば、Wi-Fi技術の応用です。つまり、ソフトバンクエアーは「無線技術」を応用して、インターネット環境を提供しています。

公式サイト:Softbank Air

Wi-Fiとは、ソフトバンクが管理、運営している無線通信ネットワークの拠点に、端末と専用無線ルーターで接続させ、電波で通信を行う方式です。

光回線ともADSLとも違う、正に新しい方式のインターネット環境です。もちろん通常のISP、つまり大手通信会社のルーターにもWi-F機能が付いたものが提供されています。

しかしこの無線通信は、単に自宅のルーターと家庭内のパソコンを無線で繋ぐというだけです。これは、屋外から先の通信技術は光通信でも”有線”です。

「電波を使ってのインターネットだと、本当に混線しないで通信できるの?」と思われるかもしれません。

しかし、無線技術と言っても、専用のWi-Fiルーターはソフトバンクエアーでは、ソフトバンクの無線拠点としか通信できないように設定されています。

ソフトバンクは、こうした無線技術に日本で最初期から事業に乗り出し、いち早く最新技術を取り入れてきました。従って無線通信インターネット環境でも、その信頼性は強固なものになっています。

ソフトバンクエアーの利点

ソフトバンクエアーの利点

ソフトバンクエアーは、屋内工事も野外工事も必要ありません。ソフトバンクエアーと契約し、届いた専用ルーターの電源コンセントに挿すだけです。

ルーターにパソコンやスマホを接続させれば、直ぐにインターネットを始められます。こんなに簡単だと不安が残りますよね。

実はこの専用Wi-Fiルーターは、契約者の情報として専用の電波を持っていることと、全く同じで設定が既にされています。

そして一旦この専用ルーターが、近くのソフトバンクエアーと通信している拠点と接続を完了すれば、家中のスマホやパソコンを自由に接続させて、家の中で電波さえ届けば、どこでもインターネットを楽しめるようになるのです。

もちろん、端末ごとにルーターと接続設定する必要はありますが、有線と違って一切の屋内工事、野外工事の必要がありません。

使用開始にあたってそうした費用の分割払いが無いんです。これは初期費用を大幅に抑えることが出来ますね。

ソフトバンクの対応エリアは?

ソフトバンクエアーは前述したとおり、無線技術のWi-Fiを使ってのインターネット通信回線です。そのため、対応エリアに関しては検索して、自分の地域が対応しているか確認した方がいいかもしれません。

しかし、ソフトバンクはご存知のように、スマートフォンでは日本で3大キャリアの一つとして有名ですよね。

山間部や離島は別ですが、首都圏やその周辺地域で、少なくとも住宅街なら、ソフトバンクエアーが繋がらないといった心配は要りません。

つまり、通常スマートフォンでインターネットが楽しめる地域なら、ソフトバンクエアーもまた安心してインターネットを自宅で楽しめるということです。

ソフトバンクエアーの通信速度は?

ソフトバンクエアーの通信速度は?

ソフトバンクエアーの通信速度は、スマートフォンの4Gくらいの通信速度クオリティです。これは下りの速度、つまり動画閲覧やWEBページ閲覧のような一般的なインターネット利用なら問題なく使えます。

デメリットは、ダウンロードよりもアップロードの”上り”速度で、これは大きな画像や大きなデータをアップロードする際に、多少遅いと感じる程度です。

しかし、通常利用でソーシャル・ネットワーキング・サービス、つまりSNSの利用で画像をアップするくらいなら、この程度は問題になりません。

そこまでの高精細画像をアップロードするのは、プロの方か、余程のヘビーユーザーぐらいです。

通信速度平均は、都心部で261Mbps、その周辺地域、例えば一都六県の郊外主要住宅地でもその程度は出ています。

中でも東海地域で名古屋中心部は350Mbpsが出ている地域もあります。殆どが261Mbpsは確保できている印象ですね。

ところでこの「Mbps」という単位は、一体何なのかわからない方も多いと思います。これは1秒間にどれくらいのデータを送れるかといった通信速度の目安です。

261Mbpsの場合は、1秒間に261メガビットのデータが送れるという意味になりますね。通常パソコンなどの処理能力を示す単位が、バイトですので、1バイトにあたるのが8ビットになります。

一般的に会員制某動画サイトにアップロードされた動画の情報量が445kbpsと、メガバイトの1,000分の1程度ですから、動画閲覧には261Mbpsは特に問題なく閲覧できる計算です。

もちろんこれは、スマートフォンやパソコンの処理能力も関係あるので、一概に快適かどうかは機種や端末によります。

しかし現在のスペックと搭載しているOS(端末の基本ソフト)を考慮すると、心配になる数字ではないですね。

ソフトバンクエアーのプロバイダについて

ソフトバンクエアーのプロバイダについて

ソフトバンクエアーは、既に説明したようにWi-Fiという「無線技術」を使っており、有線回線ではありません。これはソフトバンクが管理する全国の無線基地局や拠点にあるアンテナから、送受信を行う携帯電話とほぼ同じシステムです。

プロバイダとは、昔の電話交換機と同じで、自宅と近くの光回線につなぎ、それを主要な回線に接続する中間業者なんですね。

無線通信は、個人の端末から企業の持つ大型の送受信装置と直接接続して行う、ダイレクトな通信方式なので、プロバイダ自体が存在しないのです。

プロバイダ利用料金が無い代わりに、通信費用はこの送受信電波の出力安定と供給によって、設定されています。

もちろん今はスマホ契約でも、定額利用料金プランが有るように、ソフトバンクエアーも月額基本料金が設定されています。

しかもソフトバンクエアーは、通信速度を最新設備に増強してていくことで、通信速度を早める努力をしています。データ容量に関しては、そのため敢えて制限を加えないのが非常に親切ですね。

他社とソフトバンクエアーの違い

他社とソフトバンクエアーの違い

「工事不要」、「ルーターの電源をいれるだけ」、「ADSL以上の高速通信」など、ソフトバンクエアーは最新技術を応用した高速インターネットを実現してますが、それ以外にも他社とは違った特徴が幾つかあります。

それがソフトバンクの、「キャリアアグリゲーション」「4×4MIMO」などの最新技術を採用している点です。

キャリアゲーションとは、複数のLTE回線を同時に利用し、無線通信自体を”太く”する技術です。これがソフトバンクエアーの平均通信速度、261Mbpsを実現しています。

その他に、4×4MIMOとは基地アンテナとルーターから付近のWi-Fi拠点のアンテナ数を4本搭載することで、複数のデータ送信を可能とする技術です。

また、送信するデータを圧縮して大量のデータ送信を一度に行う、256QAMなどの技術もソフトバンクは採用しています。

まとめ

こうして考えると、ソフトバンクエアーは、「手軽で最新技術を使った高速インターネット」を楽しめるわけで、自宅で最新技術を体験できるということですね。

契約から利用まで簡単、インターネットも手軽で高速なら、こんなに魅力的なことはそう無いでしょう。

この機会にソフトバンクエアーの利用を考えてみるのはいかがでしょうか?今ならキャンペーンなどのサービスが過剰に行われている状態なので、チャンスと言えます。

公式サイト:Softbank Air

工事不要の自宅ネット回線『ソフトバンクエアー』の評判まとめ

あれから2年…SoftBank Airを契約して分かったこと。回線速度や料金など…

YahooBBを解約してホワイトBB…ではなくSoftBank Airにした理由

ソフトバンクエアーの月額料金は?キャンペーンやキャッシュバックもお得!




工事不要でインターネット
モデムをコンセントに差すだけ!