MOFU'sアフィリエイト

*

工事不要の自宅ネット回線『ソフトバンクエアー』の評判まとめ

   

工事不要の自宅ネット回線『ソフトバンクエアー』の評判まとめ

現在のインターネット環境は、非常に様々な手段でWEBページから動画を閲覧したり、SNSを楽しんだりできます。

パソコンだけではなく、スマートフォンやタブレット、自宅では無線LANの普及によってわずらわしい配線も無く、快適に使えるようになりましたね。

こうした技術は、”ワイヤレス”と呼ばれる、誰でも自由に扱える無線環境によって実現しています。このワイヤレスの無線技術の一つがWi-Fiと呼ばれるものです。

本来のWi-Fiは、通信会社と契約して自宅までの配線工事を完了してから、送付されるルーターと呼ばれる機器に接続し、そこで使われる屋内Wi-Fi接続を指していました。

しかし現在では、そうしたルーターと呼ばれる通信機器を屋外に設置し、予め登録した契約者だけが自由に使える環境が整備されてきました。

その代表となるのがソフトバンクエアーです。

今回紹介するソフトバンクエアーは、自宅で利用するためのインターネット回線そのものが無線。つまり、自宅でインターネットを利用するために回線工事が必要ないということです。

この「自宅でインターネットを利用するための回線工事が不要」というのが最大のポイントであり、利用者の口コミからも最も評判が良い点でもあります。

公式サイトから申し込みをした後、届いたモデムをコンセントに差すだけでインターネットにつなげることができます。

公式サイト:Softbank Air

ソフトバンクエアーとは?

ソフトバンクと言えば、今では日本の3大通信会社、NTT、KDDIと並ぶ最大手の通信会社です。

その昔はYahoo!Japanというインターネット総合サービス事業を始め、インターネットもダイヤル回線技術を応用した通信事業を行っていました。

そこから近年、急速に普及したスマートフォン事業に本格的に乗り出し、無線技術を使った新しいインターネット事業を主体にしています。

ソフトバンクエアーとは、パソコンやスマートフォン、タブレット端末等を、一つの家庭内ルーターと呼ばれる機器(モデム)に無線で自動接続し、部屋のどこからでもインターネットを利用できるインターネット回線サービスです。

通常、携帯電話で屋外からインターネットを利用する場合は、「パケット料金」が発生していますよね。ソフトバンクエアーなら自宅からであれば定額料金でデータ通信量無制限で利用できます。

利用は簡単。ソフトバンクエアーと契約した後に自宅に送られてくる『専用ルーター』を電源コンセントに繋げるだけ。

それだけで家中のパソコンや、スマートフォン、タブレットをWi-Fiで接続させてどの端末からもインターネットを楽しめます。

設定も簡単。それぞれの端末のWi-Fiをonにするだけ。

ソフトバンクエアーの通信速度

ソフトバンクエアーの通信速度

ソフトバンクエアーの通信速度は、「高速4G」と言われます。ではこの意味は何でしょうか?

これは無線規格の呼び名です。無線通信というのは、日本では特定の通信会社や総務省の認可を受けた事業者や個人以外、自由に発信することはできません。

無線通信には必ずそれぞれ専用の電波があります。この電波規格の事をLTEとか3G、4G、などと一般的なインターネット接続用の電波を呼称しています。

中でもLTEの通信回線(電波)は、NTTドコモやソフトバンクなどが取り扱っていることで有名です。スマートフォンの契約でご存知の方も多いかもしれませんね。

ソフトバンクエアーの通信速度は、スマートフォンでのLTEの通信規格とほぼ同等です。この通信規格はインターネットを受信する速度では、75Mbpsから100Mbpsまでの通信速度があります。

動画を視聴したり、アプリやソフトウェアをダウンロードする際には非常に快適な通信規格として評判で、一般に普及しています。

ソフトバンクエアー公式サイトでは、下り最大速度261Mbpsから一部地域で最大350Mbpsを提供できています。

これはあくまでシステム上の最大速度ではありますが、これは光通信回線と比べても遜色ありませんし、ADSLとは比較になりません。(約5倍~20倍の速度)

ソフトバンクエアーのエリア

ソフトバンクエアーはWi-Fiと呼ばれる無線通信を使ってますので、自宅から電波を送信する基地局までのエリアが非常に重要となります。

ソフトバンクエアーは4Gの規格ですので、ソフトバンクの公式サイトから「サービスエリアマップ」を調べれば、自宅がその通信可能なエリア内かどうかを、簡単に調べることが出来ます。

公式サイト:Softbank Air

もし自宅が利用可能かどうか分からなくても、申し込み時に利用可能かどうかを確認してもらえるので、「利用できないのに契約させられた…」なんてことはありません。

また、ソフトバンクは日本国内では最大手の無線通信を行える通信会社ですので、通信速度も踏まえて首都圏範囲ならほぼ心配ありません。

ソフトバンクエアーのプロバイダは?

ソフトバンクエアーのプロバイダは?

インターネットを契約する場合、通常は「回線」と「プロバイダ」それぞれで契約が発生します。このあたりは、詳しくない人は何のことかさっぱりわからないかもしれません。

インターネット回線とは、有線回線の事です。例えば、自宅でインターネットを楽しむ場合は自宅内に配線工事をし、近所の電柱にある回線と接続する工事が行われます。

この回線は全国に張り巡らされた送電線と併設して、通信会社の基地局に送られます。そこから更にもっと巨大な通信網と接続させています。

この国内以外の国際的な回線に接続するのは、大手通信会社や専門の接続業者によって行われているのです。この接続業者の事を「プロバイダ」と呼びます。

プロバイダは、その回線から今度は海外へも到達できる回線へと接続させる役割を持っています。

ちなみに通信会社は国内の通信回線を所有する企業が中心ですので、つまり実際の送電線を持っているということです。

従って通常は「回線業者」と「プロバイダ」の2つの契約をもって、初めて誰もがインターネットを楽しめるようになっているんです。

では、ソフトバンクエアーでは、プロバイダ契約はどうなっているのでしょうか?

利用料の面から先に結論を言うと、すべて月額料金に含まれているため、そこからさらにプロバイダ費用がかかるということは一切ありません。

これにはYahoo!JapanのYahoo!BBの話を交えて話した方がよりわかりやすいと思います。ソフトバンクはインターネット事業に参入したのは、日本では最も後発でした。

それまで日本の通信回線網は国内では1社独占(NTT)、海外までの回線も1社独占でした。インターネットは初期の頃はダイヤル回線、すなわち電話回線網を使って実現していたのです。

やがてそれが「常時接続」という、常に送電線に情報を送り続けるADSLという技術が生まれました。これにより自宅でのインターネットは利用時間に関係なく誰もが一定料金で楽しめるようになったのです。

しかしYahoo!BBはその方法とは違う方式を採用しました。自宅にある電話回線のコネクタに専用の機器をつなげ、Yahoo!BBに直接電話回線を使って通信を行う方式にしたのです。

回線使用料は利用者が増えればインターネット利用料金を集めて相殺できるので、ダイヤル回線を使ったYahoo!BBは、常時接続で一定料金を実現していました。

そこから、今度は新しい通信方法として「光通信」が生まれ、電話回線とは別の独立した「インターネット専用回線」が開発され、今現在広く利用されています。

Yahoo!BBもそれに応じて対応を変え、携帯電話からインターネットを楽しむのは、今ではパソコン以外のスマートフォンが主流になりつつあります。

この技術は、「無線」を使っています。つまり、スマートフォンから電波を飛ばして、ソフトバンクの基地局に接続し、基地局同士もまた電波を相互に送受信して、端末にインターネットを提供しています。

ソフトバンクエアーも、この無線技術を使っています。つまり従来の「有線接続」ではありません。電波を送受信しているので、従来の送電線と同じような「回線」は必要ありません。

海外ではこうした回線網を国内に併設するのは膨大な費用でなかなか普及してない国もあります。

そこで注目されたのが、通信衛星を使った無線によるインターネットです。つまり、「電波によるインターネット通信網」が、今では世界的に大きなシェアを獲得しています。

ソフトバンクエアーもこの無線通信網を利用し、ワイヤレス・インターネットに特化しているんですね。

最も新しい技術を採用し、これからのインターネット環境構築に貢献していると言えます。

ソフトバンクエアーの料金

ソフトバンクエアーの料金

ソフトバンクエアーの月額料金は定額です。他社と比較しても謙遜ないということに定評があります。

契約方法は2種類あり、一つはルーターであるAirターミナル機器(モデム)を分割で支払い利用する方法(買い取り)。

もう一つはモデムをレンタルする方法です。

このモデム機器使用の費用と回線利用料を合わせて月額一定料金となっています。

契約から4か月目以降24か月間は毎月4,380円からで、それ以降3,696円と非常に破格の利用料金に設定されています。

公式サイト:Softbank Air

モデムに関する費用は分割費用がかかりますが、月月割が適用されることや加入特典などで結果的に安くなります。

ですが、モデムの分割払いは3年以上の利用ならトータル的に安く済みますが、3年に満たない場合に解約違約金のようなものが発生してしまいます。

なので3年未満で解約する可能性のある方や、ソフトバンクエアーのサービスエリア圏外に引越しする予定のある方は、レンタル契約が無難です。

レンタル契約と言えど、モデム代が月々500円前後プラスされるだけなので、さほどデメリットはありません。

それに比較してモデム分割払いの解約違約金の方は、モデムの支払い残金が解約時に一括で請求されてしまいますので高額となります。

モデムの分割払い(買い取り)はあくまで3年以上利用するという人のためのメリットなので、先のことはまだ分からない…という人はモデムをレンタル契約にしておきましょう。

ソフトバンクエアーのキャッシュバック

ソフトバンクでは、「Softbank安心乗り換えキャンペーン」などのキャッシュバックを行っています。それではこのキャッシュバックについて、少し詳しく説明しましょう。

現在多くの通信会社では、顧客獲得のために各社しのぎを削っているのはご存じの通りです。サービス内容も各社で工夫し、様々な格安サービスを提供しています。

しかしながら、設備の増強などのコストはかかるものです。

そこで大手通信各社は、「最低2~3年間は自社の契約を続けてもらいたい。」という、最低契約期間というものを設けています。

スマートフォンではお馴染みの契約ですね。この期間適用中に解約を行うと、「解約手数料」や「解約違約金」の名目で、費用が別途発生します。

そこで大手通信会社は、逆にこの他社解約違約金などを肩代わりして、キャッシュバック、つまり費用還元を新規契約者に提供しています。

通信会社を乗り換える場合は、いったん他社を解約して、所定の解約違約金相当を支払ったら、その支払い明細を新規契約時に提出すれば、費用をある程度取り戻せるというわけです。

それに加え、ソフトバンクエアーを除く他社のインターネット契約では「有線」であるため、自宅と電柱までの配線工事費用というのが契約時に無料で提供される事が多いです。

これも解約時には「回線撤去費用」として契約者が負担します。

ソフトバンクエアーの新規契約では、他社からの乗り換えにおいて、解約違約金や撤去工事費用なども肩代わりしてくれます。

対象は、他社サービス解約時に発生した「解約違約金」「回線撤去費用」の他、他社モバイルブロードバンド端末代金などの残債です。

肩代わりの総額費用は10万円までとなっていますから、これだけあれば解約時に支払った費用のほぼ全ては手元に返ってくるでしょう。

なお、他社のモバイルブロードバンド、Wi-Fiなどの端末代金に関するキャッシュバックは上限が42,000円となっています。

ソフトバンクエアーのキャンペーン

ソフトバンクエアーは、業界では独自で最新の技術を採用した『自宅内に屋外設置Wi-Fi』と同様の通信を実現しています。

まだサービス開始間もないため、これから拡充していくために様々なキャンペーンを企画し、顧客サービスに非常に熱心です。期間限定の場合もありますが、ここで一例をご紹介しましょう。

まずは2017年5月7日までなら、現在25歳以下でのお申し込みをされた方限定で、2万円の商品券がプレゼントされるキャンペーンがあります。

他社契約から乗り換えた場合などは、最大10万円分を回線撤去費用、他社契約違約金としてキャッシュバックしてくれます。(モバイルブロードバンドを解約した場合は、最大42,000円)

この還元率が高いのも評判の良さにつながっています。

ソフトバンクエアーは、「Softbank安心乗り換えキャンペーン」だけではありません。その他にもお得な加入特典もあります。

ソフトバンクエアーの利用は、先に紹介した通り、モデム(Air ターミナル)を分割払いにするかレンタルにするかによって「月額利用料金」が変わります。

このどちらにも割引特典を提供しています。基本料金以外の付随サービスで契約初月は無料です。

例えばモデムをレンタルで契約し、更にプレミアムプランで「おうち割光セット」や他割引を上手く組み合わせると非常に安くなります。2年間では最大21,742円も割引が適用される、お得な加入特典が嬉しいですね。

公式サイト:Softbank Air

さいごに

ソフトバンクエアーは新しい通信サービスの一つですから、まだご存じない方も多いでしょう。

とはいえ、ソフトバンクの「Yahoo!BB ADSL」は国内シェアトップのインターネット回線であり、ユーザーから「格安通信サービス」として評判が良いのも確かです。

ソフトバンクはこれまでにYahoo!BBをはじめ、独自の新しい通信技術を次々に開発してきました。その最新形態がソフトバンクエアー。

最大の利点は、専用機器『Airターミナル(モデム)』を自宅に置くだけで、「わずらわしい配線や回線開通工事も不要」という事です。

「モデムの電源をコンセントに差すだけでインターネットが楽しめる」といった、最新無線技術を使ったインターネットサービスですから、ユーザーにとってもメリットは大きいと言えます。

以前の記事でも紹介していますが、私はこのソフトバンクエアーを契約しています。

YahooBBを解約してホワイトBB…ではなくSoftBank Airにした理由

あれから2年…SoftBank Airを契約して分かったこと。回線速度や料金など…




工事不要でインターネット
モデムをコンセントに差すだけ!