MOFU'sアフィリエイト

*

『WiMAXとは?』をおさらい!速度や料金の評判はどう?

      2017/03/21

『WiMAXとは?』をおさらい!速度や料金の評判はどう?

いつの日から、通信速度制限なんていう制度がこの世に誕生したのでしょうか・・・。

スマホが普及し、youtubeやSNSが日常で当たり前となり、道に迷えばGoogle mapを使い、ちょっとわからないことがあればスマホで調べ、なんだったらTVも見れるし本や漫画だって読める。

こんなに私たちをスマホ漬けにしたにもかかわらず、毎月の速度制限には本当に辟易とします。

追加でギガを買えば速度は戻るものの月々の料金は高くなってしまうし、だからといっていざという時にネットにつなげないのは結構キツイ。

そんな方におすすめなのが、今回ご紹介する「WiMAX」

モバイルインターネットで最速のこの商品は一体どんな特徴があるのでしょうか?

【WiMAX2+】業界最安値の月額2,726円!

WiMAXとは?

無線LANという言葉やWifiという言葉を聴いたことがある人は多いでしょう。

今まで回線を直接つなげてしか行えなかったインターネットですが、この線の部分を無線の電波を飛ばすことで手軽にしたのが無線LANであり、その規格がWifiというものです。

しかし、あくまで線を無線に変えるための技術であるため、家で使うときにはインターネットの契約が必要となりますし、外で使うには別途契約する必要がありました。

また、速度も家の中で使うにはまず充分ですが、屋外で使うには心もとなかったりします。

WiMAXとは新しい無線サービスであり、携帯電話のようにカバーしている地域であれば、受信機であるルーターさえあればどこでもインターネットを楽しめるようになりました。

このWiMAXのすごいところは、家の中と外を分ける必要がなく、充分に速い速度でインターネットができるところです。

外でスマホやパソコンを使う機会が増え、移動が多くてもインターネットを常に使いたい人にとってはとても重宝するサービスと言えます。

WiMAX自体は、KDDiグループのUQコミュニケーションズという会社がサービスを行っている、簡単に言えば「無線のインターネット」です。

正式には携帯電話の3GやLTEと同じ移動体通信方式規格の一種。

WiMAXを契約した時に提供されるモバイルルーターを持ち運び、インターネットを受信してWi-Fiでスマホ・タブレット・パソコンをネットにつなぐことができる代物です。

通話には対応していないので、完全なるインターネット専用のサービスとなります。

2009年に一般顧客向けにサービスが開始された当時は、無線通信で40MbpsのWiMAXはかなり優秀でした。

当時主流だった携帯の3G回線は、2011年の段階て10Mbps程度です。

そういえば、当時は今じゃ考えられないほどネットが遅かったですよね・・・。

それが、2015年の段階では最高速度が220Mbpsになり、2016年12月に新発売のWX03は下りで最大440Mbpsです。

モバイルインターネットでは最も速いんですよ!


WiMAXの評判が良い点

WiMAXの評判が良い点

工事をしなくていい

もともとWiMAXは、光回線の開通が難しい山間部や過疎地域での高速通信の手段として期待されていました。今はスマホのLTEの発達によりその座を奪われつつはありますが。

なので、ネット開通工事をする必要もなく、契約したらその場ですぐに利用できるという面が便利です。

モバイルインターネットの中で最速

光回線が一般的に普及して一気にシェアを伸ばしたフレッツ光プレミアムが100Mbps、その後高速化されたフレッツ光ネクストハイスピードが250Mbpsに対して、WiMAXは最低速度の商品でも220Mbpsです。

さらに、新しく370Mbps、440Mbpsの商品も出たので、もう比較しようがありません。

通信制限がほとんどない

携帯キャリアが提供するLTEには、通信制限がありますよね。

3GB,5GB,7GBと設定されており、それを超えるデータ量を使うと通信制限がかかってしまい、やきもきした経験をお持ちの方は決して少なくないはず。

しかし、WiMAXは規制の条件がかなりゆるいです!ちなみに、以前は速度制限なしでしたが、最近は3日間で3GBを超えて使用すると速度規制がかかってしまうようになりました。

しかし、月間での通信制限は今のところはありませんし、3日間で3GBを超えて使用するほうが難しいのでそんなに気にしなくても大丈夫な問題でしょう。

月額料金が安い

持ち運びができ、通信速度も速い便利なWiMAX。さらに、月額料金もLTEや光回線よりやや安めです。

オプションでauのLTE回線が使える

AiMAXはKDDiグループの会社なので、オプションにはなってしまいますがauのLTE回線も利用することができます。

なので、地方出張などでWiMAXのエリアが入らない地域でも利用したいという場合にかなり約に立ちます。

ちなみに、オプションなので別途月額1,005円がかかります。しかし、メインで使うスマホ・携帯のデータ通信を最低限に抑えておけばかなり無駄なく使えそうです。

auユーザーはスマートバリューも適用

auスマホとセットで割引されるスマートバリューが適用されます。

適用条件は「UQ Flatツープラス ギガ放題」と「UQ Flatツープラスauスマホ割」加入時となります。

割引額は月額最大934円です。

他にも、新規申し込みで様々なキャンペーンがつきますので、要チェックですよ!


WiMAXの評判が悪い点

WiMAXの評判が悪い点

電波が弱め・・・

WiMAXは、ビルなどの障害物にとにかく弱いです。

電波の性質上しょうがないのですが、周波数が高ければ高いほど速い通信が可能になる反面、障害物などに弱くなるという性質があります。

その点、LTEの方が障害物に関しては強く、評判が良い点です。

WiMAXはエリア内にも関わらず、電波を発信する基地局と、受信をしているルーターの間にビルや山などの障害物があるだけでほとんど電波が入らないということまであるそう。

なので、自宅の場所によっては全く使えない可能性があるので、自宅用には不向きかもしれません。移動用に使うのが◎。自宅でも全く問題ないという方ももちろんいます。

通信制限がないわけではない

以前は通信制限がないことが売りでしたが、今は3日間で3GBを使用すると通信制限がかかってしまいます。

外出用として利用するのであれば問題ありませんが、やはり自宅のメイン回線としてWiMAXを利用するのは向いていないと思われます。

専用ルーターを持ち運びしなければならない

WiMAXは専用のルーターがあります。それを、常時持ち運びしていないと、使用することができません。

いつもカバンを持っている人からすると問題ないかもしれませんが、普段カバンを持たない方からすると、かなり邪魔です。

そして、このルーター、充電をしないといけないんですね。

「あれ!?急にネットがつなげなくなったけど・・・」と思ったら、ルーターの充電が切れてた!ということはまま良くある話です。

WiMAXの評判は?こんな人におすすめ

WiMAXの評判は?こんな人におすすめ

外出時にインターネットをがっっっつり使いたい!という方にはかなりおすすめです。

筆者の知り合いは運転の仕事をしていますが、車の中で待機の時間が結構あるそうなのです。その時の暇さ具合というと頭が狂いそうになるのだとか。

さらに、運転中も音楽を聴いたりする時にyoutubeで聞いたり、道を調べるためにネットを使ったりと、仕事中はほぼ一日ネットにつないでいます。

こういう場合は通信制限があるとキツイので、速度制限のゆるいWiMAXがあったら便利ですよね。

また、外でパソコン仕事をする方にもおすすめです。

ノマドカフェやFree Wi-fiスポットが増えたとは言え、まだまだ数は足りません。

都内ならまだしも、田舎に一歩片足を踏み込めば、Free Wi-fiのスポットなんてほぼほぼありません。

そうなると、WiMAXがあればどこでもパソコンを開いて仕事ができるので便利ですよ!

まとめ

電波が弱いため、屋内だと環境によっては難儀しそうですが、外出用のモバイルとして利用するには速くて安いというかなり便利なWiMAX。

出先でインターネットをつなぐ機会が多い方におすすめです。出先で使っている人の評判も上々。

色々あるモバイルインターネットの中では信頼でき、かつサービス内容も充実しています。

毎月の通信制限で苦しんでいる方は、ぜひ一度検討されてみてはいかがでしょうか?

【BroadWiMAX】業界最安値2,726円!

WiMAX2+が無制限で安い『Broad WiMAX』はおすすめ?口コミ評判は?




工事不要でインターネット
モデムをコンセントに差すだけ!